日本のタクシー運転手は、テレビのインタビュー中に電話でコロナウイルスにかかっていることを知りました

シンガポールでは、タクシー運転手が新しいコロナウイルスに感染するリスクが高いことが知られています。 同じリスクが日本の東京でも発生しました。

Yahoo Japanの記事によると、TBSの広報担当者は、ディレクターはTBSの関連会社の従業員であると述べました。

2月 15、TBSの日本のインフォテインメントプログラムのディレクターがタクシーに乗りました。 偶然の一致により、この特定のタクシー運転手は、2020年1月18日に前述の同じパーティーに出席しました。 プログラムのディレクターはすぐにスクープを感じ、ドライバーとの即席のインタビューを開始しました。 彼らは車から出て行き、監督は、彼がショットでドライバーの顔を撮っていないことを確認して、撮影を始めました。

ドライバーは、前日にCovid-19ウイルスのテスト方法について話しました。 彼は、彼が現在無症状であると言いました。 運転手はまた、医師が彼に確認された症例であると言うために彼に連絡していないので、彼が仕事をやめたと言った。

そして、電話が鳴った頃です。

まったくスクリプト化されていないカメラで、実際に確認されたケースであることをドライバーに知らせる電話が来ました。 ショックの結果、彼はニュースに対処するために立ち去らなければなりませんでした。

「私は働いています、そして今、インタビューの最中です」と彼は聞いていました。

https://twitter.com/arupaka_shufu/status/1229271463116427264

インタビュー後、ディレクターは保健部のヘルプデスクに連絡し、感染者と接触していたと言いました。

しかし伝えられるところによれば、彼は無症候性であるため、検査を受けることができないと言われた。

2月月曜日のように 17、監督の体調は変わらなかった。 現在、彼は在宅勤務しています。

コロナウイルスを封じ込める日本の政府は、シンガポール政府とは大きく異なります。シンガポールでは、コロナウイルスの症状の影響を受けることが知られているタクシー運転手は、シンガポール政府に通知することをお勧めし、治療費と報酬を受け取ります。


ソース:

news.yahoo.co.jp

 

当初の公開18th February 2020 @ 4:10 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: