日本の歴史的な隼人がオーストロネシア語を話したのは本当ですか?

batamax.com隼人

batamax.com隼人

隼人は九州南部の部族で、台湾やインドネシアのオーストロネシア人と文化的によく似ていました。考古学的証拠によると、日本南部(九州、四国、本州南部)の地域には、縄文時代(弥生時代の前)にモンゴロイド/東アジアのような人々が住んでいた。これらはオーストロネシア人であったことが示唆されています。

オーストロネシアの部族は、実際の日本人が日本に住み始める前に南日本を征服したようです。 (琉球列島にも証拠が見つかっていないため、それらが琉球列島に存在していたかどうかは不明です。)歴史家や言語学者は、オーストロネシア人が南日本にいたことを示唆しています。 (縄文南部は、後の日本人が日本全国でやったように、アイヌ関連グループに取って代わったモンゴロイドのパラオーストロネシア人であったことが示唆されています。)

ジュハ・ヤンフネンとアン・クマールによれば、オーストロネシア人は日本に定住し、「日本階層社会」に影響を与えた。彼らは弥生(初期日本人)に加わり、大和の宮廷を特殊戦士および熟練労働者として務めた。一部の隼人は、彼らのスキルを教えるために奈良に再定住した。

勇人のような日本の部族、くまそ、あずみ族はオーストロネシア人起源であったと示唆されています。今日でも、地元の伝統やお祭りは、マレーポリネシアの文化との類似点を示しています。中国の初期の年代記では、オーストロネシア人に似た日本の部族に言及しました。同様の文化、ボディペイント(入れ墨)、歯の黒化、船乗りのスキル。

日本の学者板橋ら。 2011年は、日本人自身がオーストロネシア語と関係があり、中国南部の原始オーストロネシア家族から分裂した1つの枝であることさえ示唆しています。彼は、日本語の語彙と文法のルール、ならびに形態学的および音韻的側面が「日本人とオーストロネシア人の強い系統的つながり」を指し示していると指摘している。

その他、現代の言語学者の大多数は、日本語(日本語)は中国南部または東部で生まれたが、オーストロネシア語ではないが、その影響を受けたと示唆している。 (おそらく日本に住んでいたこれらの部族のため)。ジュハ・ヤンフネンは素晴らしい説明をしており、現代日本語にはオーストロネシア層がいると言っています。

つまり、縄文南部はモンゴロイドオーストロネシア人であり、アイヌ民族の祖先である縄文北部とは大きく異なる可能性があります。

結論:

オーストロネシア人が南日本に住んでいたこと、そして「南部縄文族」が実際にはモンゴロイドオーストロネシア族であったという多くの証拠があります。中国東部を起源とし、朝鮮半島南部に住んでいた初期の日本人(弥生)は、後にこれらのオーストロネシアの部族を同化させました(証拠は、日本とオーストロネシアのグループ間のほとんど平和的な協力を示しています)。

やがて大和人は日本中を征服しました。オーストロネシア人は日本語を採用し、大和に編入されました。対照的に、北部の縄文とアイヌとの関係はほとんど敵対的で、後のアイヌは差別を受けました。

当初の公開2nd April 2020 @ 12:19 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: