日本はインドネシアを植民地化になった教育が何ですか❓

batamax.com indonesia man

batamax.com indonesia man

日本はインドネシアでわずか3.5年です。しかし、その期間に、悲しみと残酷さの多くの物語があり、その物語は誰にも感情的に聞こえるようにします。

日本の占領下では、教育の分野における政策は、インドネシアの人々の共感を引き付ける様式に適合させられました。

マイナスの影響

日本の占領期の教育は、インドネシアがまだオランダの東インド植民地政府による植民地主義の下にあった以前よりもはるかに悪い時期を経験しました。

日本が到着したとき、日本はインドネシアを戦争の拠点にした。国民は日本が採択した戦争の条件下で生活しなければなりません。その結果、教師は日本のために働かなければならないという影響がありました。戦争の必要性を満たすために子供たちも動員されました。したがって、科学の質と生徒と教師の質の両方が大幅に低下しています。

学校数が減少した。それは、日本が適用した戦争の状況の結果と言えます。一部の学校はまだ運営されていますが、厳しく管理されています。また、私立学校を新設することは非常に困難ですが、既に設置されている私立学校は、継続して再許可を申請する必要があります。それにもかかわらず、ペサントレンの学校にはまだ余裕があり、援助を持ちながら頻繁にペサントレンを訪れてイスラム教の同情を勝ち取ることが目的です。

若者はまた、ケイボダンやヒズブラなどの準軍事組織に関与することに焦点を合わせていたため、勉強する時間を失いました。

HAKKO I CHIUの教義を築き、日本帝国のすべてのアジア諸国を統合する。それは、移植された日本語、歴史、習慣です。日本の降伏の前でさえ、彼の教義の植え付けは、独立したインドネシアのイデオロギーを破壊することを期待して強くなりました。

しかし…

教育の分野における日本の政策の正の影響を知らなければ、それはバランスの取れたものになるので、非倫理的です…

オランダの植民地主義から受け継がれた社会階級に基づく教育制度は、日本人によって廃止されました。日本は教育を楽しむことができる人の差別/違いをなくします。ご存知のように、オランダの時代には、先住民に対する正式な教育を感じることができたのは中流階級と上流階級の人々だけでしたが、私たちのような小さな人々は小規模な教育を受ける機会がありました。オランダの差別の例として、社会には3つのグループがあります。白人(ヨーロッパ)、東部東(中国、インドなど)、先住民族です。このパターンは日本政府によって排除され始めました。すべての人生の歩みからの人々は正式な教育を受ける権利を持っています。

実際、インドネシアの人々に教育を提供し、戦争の利益を支援することを目的としています。しかし、それは私たちが教育を受ける機会を開くものではありません。

日本では、日本語だけでなく、インドネシア語を教育や日常言語の導入に公用語として使用することが許可されています。オランダ語は一切許可されていません。インドネシア語は日常の結社の言葉であるだけでなく、政府機関や小学校から高校までの教育機関の公用語として採用されています。インドネシア語は、インドネシアの文学作品の結果に書かれているように、書き言葉としても使用されます。目標は同じで、インドネシア国民の共感を呼び起こします。さて、日本の占領は痛いです(私は植民地の慣習に同意しませんでした)が、私たちはあなたに感謝しなければなりません。間接的に使用されるインドネシア語の許容性により、インドネシアの人々の心にナショナリズムの精神が育まれてきました。苦い植民地主義の同じ感覚を仲間の国に表現することは、一体性の精神、植民地主義の痛みを生み出しました。

日本の占領期の教育制度は、私たちが今感じるものとは異なりました。以前は、彼の教育は軍国主義を特徴としていました。したがって、毎朝、すべての生徒は国歌(君が代)を歌う必要があり、次に日本の国旗(ひのまる)を飛ばして、日本の天皇(清輝)を尊重する必要があります。ええと、日本はまだモードを挿入しています。インドネシアのラヤの歌を再生し、赤と白の旗を飛ぶことを許可することで、飛行する日本の旗のすぐ隣にいます。目標は、人々の共感を集めることに他なりません。さらに、インドネシアの子供たちのナショナリズムの強化も欠けています。日本の植民地の学生は、そのような儀式のルーチンを実行する必要があるだけでなく、大アジアの理想への忠誠の誓いであり、日本体操を行う義務がある大東亜も実行する必要があります。それから彼らは軍事的な体力トレーニングをしなければなりません。コーランが毎週月曜日の朝にすべての儀式の手配と一緒に旗の儀式を行ったとしたら、それはすべて日本の遺産です。目的は、人々と国家に忠誠を示すことです。

当初の公開17th April 2020 @ 2:17 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: