日本政府の奨学金受給者はジャカルタでの切断によって殺害された

日本政府の奨学金受給者はジャカルタでの切断によって殺害された

日本政府の奨学金受給者はジャカルタでの切断によって殺害された

PT Jaya Kobayashi Rinaldi Harley Wismanu RahardjaのHRDマネージャーは2020年9月9日以降行方不明であると報告されました。 2020年9月12日土曜日にこの事件をポルダメトロジャヤに報告したのは、弟のムハンマドアリエフアルフィアンフィルダウスラハルジャでした。レポートは、レポート番号B / 12.426 / IX / YAN2.4 / 2020 / SPKT PMJに含まれています。
さまざまな情報源を引用すると、リナルディは夫婦のトトラハルジャとリサラハルジャの最初の子供です。 2013年には文部科学省文科書・文部科学省日本語プログラムの奨学金を受賞。当時の研究分野はポップカルチャーだった。彼はインドネシア大学デポックキャンパスの日本研究センターの講堂でテストを受けました。

奨学金を取得する前に、リナルディは2011年にガジャマダ大学日本文学を卒業しました。また、2019年に外務省フォーメーションでのCPNS選考に参加したことでも知られています。リナルディはウェブサイトblogspot himadol-vol3.blogspot.comで、日本留学の喜びと悲しみを語っています。日本の好きなところから、インドネシアにはないものまで。彼はまた、日本の奨学金ハンターのためのヒントを共有しました。 「この世界では何も簡単なことはありません。すべてにエネルギー、時間、思考が必要です。奨学金を取得したい場合は、勉強して祈ることでビジネスを行うことができます」

以前は、切断された犠牲者の遺体は南ジャカルタのカリバタ市のタワーアパートメントユニットの1つで発見されました。現在ポルダメトロジャヤで取り扱われている事件は、リナルディハーレーウィスマヌの失踪の報告に関連していると疑われています。
サウスジャカルタメトロ警察のコンベスポールブディサルトノは死体の発見を確認し、現在、ポルダメトロジャヤチームが事件を処理しています。 2020年9月16日水曜日、ジャカルタのブディ氏は、「ポルダを扱うのは同僚だ」と語った。

死体は、行方不明と報告された請負業者のHRDマネージャーであるリナルディ・ハーレー・ウィスマヌであることが判明しました。 「そうです、そうです、それはリナルディです」とポルダ・メトロ・ジャヤ・コンベスの広報責任者は語った。
以前、サディスティック殺人事件は、2020年9月16日水曜日に、エボニータワーの16階、部屋E 16A Bのカリバタシティアパートメントで行われました。死体の発見は、ポルダメトロジャヤに報告された行方不明者の報告の延長でした。 2020年9月12日にポルダメトロジャヤに報告された行方不明者の報告に基づくと、リナルディハーレーウィスマヌは32歳です。行方不明の犠牲者は、ムハンマドアリエフアルフィアンフィルダウス(24)によって報告されました。

犠牲者は、2020年9月9日以降、タマンサリセマンギアパートとパンコランオフィスで行方不明になったと報告されています。行方不明と報告された被害者の特徴としては、白い肌、鋭い鼻、波状の黒い髪、身長約170 cm、理想的な脂肪でした。
「はい、好きな場所はたくさんあります。でも、私は富山(城端町)が一番好きです。北海道(美瑛)、石川(金沢)、神戸(ハーバーランド)、東京(横浜)ええと、神奈川県に入っています。XD、n ‘ 「2020年9月16日水曜日、REQnewsによって引用されたブログで、リナルディは言った。

 

source: detik

Leave a Reply

%d bloggers like this: