日本政府はインドネシア海事水産省を支援するために使用済みの巡視船を寄付します

日本は、助成金が経済的および社会的安定の維持とインドネシアの人々の福祉の向上に貢献することへの希望を表明した。

日本は、22億円(274億ルピア)に相当する維持管理設備資金とともに、漁業巡視船「博麗丸」をインドネシアに引き渡しました。 インドネシア外務省アジア太平洋局長のサント・ダルモスマルトとインドネシア駐日大使は、金曜日に漁業巡視船の引き渡しを記した書簡の交換に署名した。

「インドネシアは違法漁業により損失を被っているが、インドネシア海事水産省は海を巡回できる船を持っていない」とジャカルタの日本大使館の経済顧問清水一彦は述べた。

1993年に製造された船舶の長さは63.37メートルで、国際標準トン数は741トンです。 この船の最大積載量は29人です。

「2020年3月以降、船舶の修理、使用、航行に関するトレーニングを提供します。2021年に海事水産省に引き渡されます」と和彦は語った。

同助成金は、日本政府が他国に拡大した最初の助成金だと彼は述べた。

また、この助成金は、「自由で開かれたインド洋」の概念の実現に貢献する、インドネシアの海域における法執行機関の能力を強化する取り組みに関連しています。

残念ながら、日本政府からのこの「素晴らしい」船の寄付は非常に遅れています。 寄付が以前の大臣マダム・スージ・プジアシュトゥティで行われた場合、古典的な船は間違いなく海でより多くの行動を見ます。

多くのインドネシア人は、新漁業大臣はマダム・スシ・プジアシュトゥティと同じ品質で働くことはできないと信じています。


ソース:

Antaranews

当初の公開19th February 2020 @ 10:03 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: