日本文化がインドネシア人にどのような影響を与えたかの歴史を知っていますか

batamax.com japan is influence of Indonesia culture

batamax.com japan is influence of Indonesia culture

日本の文化は、1980年代後半に世界社会に浸透し始めました。日本文化は、文化的側面から日本外交の媒体と見なされることがよくあります。国内レベルでは、特に日本にとって、このような外交的手法は、日本の影響力と関心を広めるための外国戦略の実施です。それはすべて、1980年代初期までの明治時代の田ノ倉信の人生の旅に関するおしん連載から始まりました。

彼は「おしん」と呼ばれ、幼少期から成人期まで一生懸命働かなければなりませんでした。

しかし、彼の努力のおかげで、彼は裕福なスーパーマーケットのフランチャイザーになりました。

1980年代に国の音楽愛好家の注目を即座に受けたあの歌「心の友」。彼が従った

インドネシアでの日本文化の発展自体は、アニメーションシリーズ(アニメ)、コミック(マンガ)のエントリの役割と切り離すことはできません。 )穏やかな文化であり、改造されています。

日本の文化自体は、印刷メディア(新聞、雑誌など)、電子メディア(テレビ、ラジオなど)、インタラクティブメディア(インターネット)、代替メディア(ワイドスクリーンムービーなど)に至るまで、多くの情報チャンネルを通じて流れています。そのため、これらの文化が意識的または無意識的に国際文化の一部となったという情報が迅速に得られます。文化的価値の技術的洗練と情報伝達と相まって、異なる地域のさまざまな関係者がより簡単にチャネル化および感動するでしょう。

これらの文化が生活の関節に入ることは、特に一般的なティーンエイジャーのように、個々の考え方を構築する上で間接的に基本的な要素になる可能性があります。基本的に、思春期には、文化が思考の枠組みとプロセスを形成する決定要因になることが多いためです。ユニークなのは、基本的な成分が主に日本からである思春期の人の心の中での考え方の開発が、現実の状況に統合されたことです。日本特有の日常生活の形は、インドネシアの生活や文化的伝統とは大きく異なることが保証されます。

日本文化が入ったことはよく知られており、日常生活に大きな影響を与えています。それはすべて、日本の国が技術と通信の分野でインドネシアと協力してきたからです。年に1回開催されるJak-Japan Matsuriなど、インドネシアと日本の協力を記念して日本に関連する多くの主要なイベントが開催された場合。 Jak-Japan Matsuriだけでなく、今ではインドネシアで日本の祭りを見つけることができます。

しかし、多くの日本企業が日本政府やインドネシア政府の支援を受けた日本文化祭を全く持たないバタム市は、シンガポールの日本文化祭とは大きく異なります。

多くのインドネシアのティーンエイジャーに愛されているアニメーションシリーズ(アニメ)は、ナルト、ドラえもん、ブリーチ、ドラゴンボール、名探偵コナンなどのテレビ番組から切り離すことはできません。インドネシアのティーンエイジャーの多くは、アニメ、ゲーム、または制服シリーズを見せることで趣味に関与しています。日本の子供たちのライフスタイルから生まれた原宿スタイルを守る多くのティーンエイジャーのコスプレ、メイク、スタイルだけではありません。

インドネシアでの日本の文化の参入は、肯定的なものに趣味、趣味として自分自身を表現することさえするが、インドネシア自身の文化を傷つけているため、インドネシアへの日本文化を否定的なものとして議論することによってそれを却下する人もいる。そのようなことは、肯定的であれ否定的であれ、それを見る独自の価値になります。インドネシアの文化を忘れないように、私たちはまだ自分の文化を大事にしなければなりません。

インドネシア市民としての私たちは私たちの文化を愛すべきです。多くのティーンエイジャーはインドネシアよりも日本文化を愛しています。インドネシアの文化をよく見て、インドネシアの文化を保存するための教訓の例として、そのようなことは、多くのインドネシアの文化がまだ良いです。日本の文化を趣味として好きなのはいいことです。日本に行きたいが、まだ世話をしなければならないほどです。

当初の公開17th February 2020 @ 7:32 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: