知事は南スラウェシに鉄道を建設する計画   元日本の電車で

南スラウェシ州知事HM Nurdin Abdullah氏は、南スラウェシ州南部に鉄道を建設する計画です。

アブドラは土曜日のマカッサルでの声明で、「オランダ時代には南へ向かう列車のルートがあった。それがBPPTが探検したかった」と述べた。

また、南スラウェシをインドネシアの鉄道開発の中心地の1つにすることにも焦点を当てたのは、運輸省のプログラムと一致していると説明しました。

知事は、マカッサル-パレパレ鉄道プロジェクトの作業はまだ進行中であり、完了する必要があると付け加えました。

「列車と鉄道は日本から輸入されます。列車モデルは高速列車のものです。したがって、最初に検討する必要があります。北海道からの車があります。それが私たちの条件に適しているかどうか調べてください」と彼は述べた。

BPPTが実施した調査は、後で正しい判断を下すための基礎となります。これをサポートするために、次の計画は南スラウェシ州政府-BPPTの合同オフィスを開催することです。

「私たちはここにオフィスを開きます。具体的にはBPPTで列車のニーズを設計します」と彼は述べた。

Leave a Reply

%d bloggers like this: