証人物語,日本のインドネシア人労働者の占領の残虐行為

証人物語,日本のインドネシア人労働者の占領の残虐行為

証人物語,日本のインドネシア人労働者の占領の残虐行為

リアウの鉄道開発のリーダーになることは非人道的な仕事です。多くは脱出しようとしたが結局捕まった。日本兵たちは動物のように彼を拷問した。

Tri Mudjoは、リアウにいる何万人ものRomusa労働者の1人です。中部ジャワのプルウォレホビレッジにある彼の故郷から、日本人は1942年に彼をプカンバルに連れて行きました。彼は、プカンバルから西スマトラのシジュンジュンリージェンシーまでの220 kmにわたる鉄道ネットワークの構築に雇用されました。

この鉄道網は、西スマトラからプカンバルまで石炭採掘製品を輸送するために日本によって建設されました。一年以内に、鉄道は完成しました。列車はまた、プカンバルのシアク川のほとりにある港に毎日石炭を運びます。この石炭は、シンガポールの日本の軍艦への燃料供給に使用されます。

この鉄道網の建設の裏には、8万人がいると多くの文献が述べています。彼らはインドネシア人と少数の外国人、特に西スマトラで日本人に捕虜になったヨーロッパ人からのものでした。

1942年のその時点でのTri Modjoは、Pekanbaruでネットワークの仕事を得ました。ネットワークを構築するために参加してから数か月後、Triは痛みに耐えることができませんでした。

彼はそれをどのように保持することができ、毎日の作業は鉄のレール、スクラップレールを支え、鉄道橋を建設しました。彼が建てた場所は現在、Jl Lokomatif、Kec Limapuluh、Pekanbaruと名付けられています。

めったに食べ物を与えられず、誰かが仕事が遅いと拷問され、そのときTriと友人たちは逃げる計画を立てました。彼らはその非人道的な日本の混乱を手放したいのです。

「夜、父と彼の友人たちは逃亡しました。彼らは森に逃げました。ペカンバル地域はまだ森であり、多くの野生動物でした。 2018年8月)。

森に出くわすと、ロムサスはどこへ行くか分かりません。彼らはただ歩き続け、鉄道建設エリアから離れて歩きます。彼らは目的地を知らず、彼らがもはやロムサにならないことを望んでいる。

「混乱の中で彼らは日本兵に捕まったようだ。彼らは鉄道建設現場に連れ戻された」と2人の子供の父親であるミスラムは言った。

これらのロムサが再加工される前に、彼らは脱出しようとする罰の形として拷問を受けなければなりません。自尊心がないかのように、ロムサは動物のように拷問されました。

むちは彼らの体に繰り返し着陸した。引きずり出され、出血するまで殴られた。当時の日本兵の残虐行為から何も助けられなかった。

「私の父の左の薬指と薬指は半分にカットされた。日本人が逃げたので鉄で殴られたからだ」とミスラムは言った。

彼の指は血だらけで、Tri csは仕事に戻らなければなりませんでした。彼らはついに日本軍から緊密な監視を受けた。 1945年8月17日に独立が宣言されるまで、ロムサはついに立ち止まった。

Triは1975年に亡くなり、70代と推定されています。彼女が経験する苦しみは、彼女の5人の子供たちが眠ることができる「おとぎ話」でした。

「それで私の父が死ぬまで、彼の2本の指は常に言われました。彼の人生の終わりまで、彼の背中、足、手にまつげの跡がまだありました」とミスラムは結論付けました。

 

source: detik

Leave a Reply

%d bloggers like this: