障害のある女性は、インドネシアのムシャラ(イスラムの祈りの部屋)トイレで脱糞したいときに虐待されます

インドネシアでのクリスチャンの育成

インドネシアでのクリスチャンの育成

西スマトラ(西スマトラ)のリマプルコタリージェンシーにあるシットトゥジュリモナガリの住人であるA(34)という名前の障害のある女性は、祈りの部屋のトイレで排便したいと思ったときに痴漢されました。

 

容疑者AD(57)の入場、彼は犠牲者に会うのを止めることができませんでした。

 

彼はすぐにトイレからAを引き出し、性的不道徳を犯した。

 

「私たちは現在、パヤクンブ警察本部に容疑者を拘留しており、刑法第290条の対象となり、7年の刑務所に入ると脅迫されています」とKompas.comから連絡を受けたAKP MRosidiのパヤクンブ警察刑事捜査ユニット長は水曜日(2020年7月10日)に述べました。

 

年表

Rosidiは、事件は2020年9月14日に発生したと述べた。その時、犠牲者はシットトゥジュリモナガリにある弟の家を訪れました。

 

11.00 WIB頃、犠牲者は弟の家の近くの礼拝室に行って排泄した。

 

「その時、容疑者は犠牲者がトイレに入るのを見て、容疑者はまた犠牲者がしゃがむのを見た。それから容疑者は犠牲者をトイレから引き出し、そして性的不道徳を犯した」とロシディは言った。

 

アクションを実行した後、容疑者は犠牲者を去りました。

 

「報告を受けた後、警察は調査を実施し、10月1日に容疑者を逮捕した」とRosidiは説明した。

 

source: kompas

Leave a Reply

%d bloggers like this: