鶴巻秀夫氏 FOMM BOSS という偉い人は何ですか

fortuner.id FOMM BOSS

fortuner.id FOMM BOSS

鶴巻秀夫は、1982年4月にスズキ株式会社に入社し、スクーターエンジンの設計からモトクロスバイクフレームまで、多面的な開発作業を支援しました。

1997年4月、彼はAraco Corporationでシングルシートの電気自動車「Coms」の開発に成功し、「i-unit」および「i-real」車両の開発にも参加しました。

環境に負荷の少ないクルマが求められる中、超小型モビリティー時代を見据えたクルマづくりを手掛けるFOMMの鶴巻日出夫社長に開発の狙いを聞いた。

その後、トヨタ車体の新モデル「Coms」の計画と開発に取り組みました。2012年10月に、Sim-Drive Corporationの東南アジア市場向けのマイクロ電気自動車の計画に取り組みました。 2013年2月、彼はマイクロ電気自動車の作成を目的としてFOMM Companyを設立し、現在は社長を務めています。

FORTUNER.ID CAR FOMM
FORTUNER.ID CAR FOMM
水に浮く小型EVを開発。電気自動車が大衆市場で手頃な価格になるのは驚くべきことです。 モンスーンの季節に運転できる電気自動車のアイデアは、東南アジア市場で間違いなく繁栄します。 しかし、ほとんどの東南アジアの人々はより多くのピックアップと商用車を必要とします。
タイのエネルギー省のエネルギー計画および政策事務所は、タイでの電気自動車(EV)の購入が2018年の9,000から2028年の406,000および2036年の120万(690の充電ステーション)に増加すると予測しています。手頃な価格の電気自動車の夢を実現するために、坂道をまっすぐに進みます
FOOM THAILAND
FOOM THAILAND
安くてシンプルな車はタイ人に愛されています。 タイと同じ発展段階にあるほとんどの自動車市場も、さまざまな目的に使用できる自動車を愛しています。 タイとインドネシアでは、人気のある車は多目的車両とピックアップトラックで、市場の半分以上を占めています。 これにより、タイは米国に次ぐ世界第2位の市場になります。 彼らの人気は、政府の税政策と多目的車両の必要性の結果として説明されています。
タイで販売が始まった小型電気自動車(EV)「FOMM ONE(フォム ワン)」が、25日から一般公開される「東京モーターショー2019」にお目見えする。水に浮くため、水害に対応できるのが売りだ。川崎市幸区の自動車メーカー、FOMMの鶴巻日出夫社長(57)に開発の狙いを聞いた。
BATAMAX.COM

当初の公開29th January 2020 @ 2:32 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: