10,000人の中国人観光客がバリ島への旅行をキャンセル コロナウイルスに対する恐れ

10,000人の中国人観光客がバリ島への旅行をキャンセル コロナウイルスに対する恐れ

10,000人の中国人観光客がバリ島への旅行をキャンセル コロナウイルスに対する恐れ

世界保健機関が金曜日に国際緊急事態を宣言したため、中国人観光客は、アジア諸国および世界中で致命的なコロナウイルスの蔓延が加速することを恐れて、インドネシアへの旅行をキャンセルし始めています。インドネシア旅行代理店協会(アスティンド)の会長、エリー・フタバラト氏は木曜日、中国からインドネシア、インドネシアから中国への両方向のキャンセルがあったと述べた。 「はい、キャンセルはたくさんあります。

昨日、1万人の中国人観光客がバリ島への旅行をキャンセルし、ここ[インドネシア]から、すべてがキャンセルされた中国への旅行もありました」とエリーは木曜日にジャカルタでのトラベルポートの2019年グローバルデジタル旅行者調査のリリースの傍観者に語った。

エリーは、シンガポール航空、ライオンエア、キャセイパシフィック航空、アシアナ航空などのいくつかの航空会社が中国のいくつかの都市へのフライトを制限または一時停止することを決定したため、多くの旅行がキャンセルされたと述べました。また読む:インドネシアの観光、ウーハンコロナウイルスの影響を受けやすい貿易WHOが金曜日に国際緊急事態を宣言したので、米国はまたアメリカ人に中国に「旅行しないでください」と言いました。米国務省はまた、最新の旅行勧告で、中国のアメリカ人に商業的手段を使用して出発することを検討するよう促した、とAFPは報告した。

さらに、エリーは、コロナウイルスの発生は間違いなくインドネシアの観光に影響を与えるだろうと述べました。しかし、影響の深刻さは、ウイルスが発生するのに薬やワクチンがかかる時間に依存すると彼女は付け加えた。 「SARS [重症急性呼吸器症候群]も2003年に観光業に影響を及ぼしました。現在、より高度な技術により、おそらく薬をより早く見つけることができますが、プロセスにかかる時間はまだわかりません」と彼女は付け加えました。 「発見されたら、すぐに通常の状態に戻ります。」中国人観光客は、マレーシアに次いでインドネシアへの外国人観光客の訪問数が2番目に多い。

2019年1月から11月にかけて、190万人の中国人観光客がインドネシアを訪れました。これは、外国人観光客全体の13%近くに相当します。ジョコ・ウィドド大統領は、年間1,000万人の中国人観光客をインドネシアに誘致するという目標を設定しましたが、コロナウイルスが中国で213人の死者を出し、年初から世界中で9,816人が報告されているため、達成はさらに困難になっています

 

source: thejakartapost

Leave a Reply

%d bloggers like this: