4インドネシア人がコロナウイルスまたはCOVID-19に感染している

ダイアモンドプリンセスの状況は、船にコロナウイルス(COVID-19)の急速な拡散に耐える専門スタッフがいないため、恐ろしいものです。

日本政府は、インドネシア政府が彼らを家に持ち帰ることを決定した場合、横浜海域でダイヤモンドプリンセスクルーズ船のインドネシア人船員78人を本国に送還する準備を整えています。

「私たちは、クルーズ客船に乗ったインドネシア市民の避難に関するインドネシア政府の政策についての情報を受け取っていません。しかし、私たちは協力する準備ができており、喜んでいます。」

石大使は、彼らを避難させる決定はインドネシア政府の権限下にあると述べた。日本政府は、インドネシア政府とクルーズ客船を運航する会社との間のコミュニケーションを促進する準備ができています。

大使は、クルーズ客船に乗っている78人のインドネシア国民は全員乗組員であると述べた。しかし、彼はコロナウイルス、またはCOVID-19感染にかかったインドネシアの市民の正確な数をまだ知りませんでした。

「状況は刻々と変化します。確認されたコロナウイルス症例の正確な数について話すことはできません」と彼は述べた。

インドネシアのレトノ・マルスディ外務大臣は、78人のインドネシア人乗組員のうち3人がコロナウイルス、またはCOVID-19感染症にかかったと同日早くに述べた。

インドネシア大使館は千葉病院と東京病院に確認されました。 4インドネシア人は集中治療を受けています。

ダイアモンドプリンセスは、プリンセスクルーズ社が所有および運営する英国のクルーズ船です。 ダイヤモンドプリンセスは、主に北半球の夏にはアジアで、南半球の夏にはオーストラリアでクルーズ船として、2004年3月に操業を開始しました。 ダイヤモンドプリンセスは、三菱重工業株式会社によって構築されています。

他の75人のインドネシア国民は、水曜日(2020年2月19日)までクルーズ客船に乗って検疫されています。

クルーズ船でCOVID-19陽性と確認された確認症例の総数は、現在446に達しています。

船には56カ国からの2,666人の乗客と1,045人の乗組員を含む3,714人が乗船しています。


ソース:

APP

当初の公開19th February 2020 @ 11:10 am

Leave a Reply

%d bloggers like this: