690の新しいコロナウイルスの症例がシンガポールの記録を15,000マークを超えました

保健省(MOH)は水曜日(4月29日)にシンガポールで690件の新しいコロナ症例を発表し、総数は15,641件に達した。

6人のシンガポール人と永住者が新しい患者の中にいます。

寮に住む移民労働者は、残りのケースのほとんどを形成し続けています。

MOHは、詳細は水曜日に発表されると語った。

火曜日、文部科学省は528の新しい症例を報告し、4月15日以来447の新しい症例があったシンガポールでのほぼ2週間での新しい症例の毎日の最低の増加。

火曜日の新しい事件のうち、511人が寮に住んでいる外国人労働者です。

寮に住んでいる323,000人の移民労働者の合計12,694人-3.9%-がコロナウイルス陽性であるとテストした。

MOHは火曜日に、それが大規模なテストのために寮でより多くのケースを取り上げたと言っていました。これらの症例のほとんどは軽度の病気であり、地域隔離施設または病院の一般病棟で監視されています。

同省はまた、地域社会における新たな症例の数は、2週間前の1日当たりの平均28症例から、過去1週間の1日当たりの平均17症例に減少したと付け加えた。

コミュニティ内のリンクされていない症例の数も、2週間前の1日あたりの平均18症例から、過去1週間の1日あたりの平均10症例に減少しています。

火曜日の時点で、シンガポールの1,128人の患者は完全に回復し、退院しています。

14人はシンガポールのコロナ合併症で死亡しました。陽性と判定された4人は他の原因で死亡した。

世界的には、昨年12月に始まった集団発生により、313万人以上が感染しています。約217,000人が亡くなりました。

米国は水曜日の時点でコロナで100万人以上の症例と58,000人の死者を出している世界で最も影響を受けた国です。

当初の公開29th April 2020 @ 3:15 pm

Leave a Reply

%d bloggers like this: