Home Indonesia Life CAP GO MEH: A Celebration of the 15th day of lunar new...

CAP GO MEH: A Celebration of the 15th day of lunar new year in Indonesia

Chinese-Indonesians across the country celebrate Cap Go Meh (Hokkien: 十五暝) on the 15th day in the first month of the Chinese lunar New Year. In accordance to the combination of 10 Tian Gan and 12 Di Zhi in the lunar calendar system, Chinese ancestry in Indonesia (mostly referred as ‘Tionghoa’) are soon celebrating “Cap Go Meh” Festival. The word Cap Go Meh is coming from Tiociu or Hokkien dialect, “Cap Go”, which means “fifteenth” and “Meh” means night. last day of Chinese New Year, By many, the last celebration of new year means that everything from now on is everything that we will want to go about on fulfilling our new year resolutions.

Paguyuban Sosial Marga Tionghoa Indonesia (PSMTI) or the cultural society of Chinese-Indonesians of Batam-city held a clebration of Cap Go Meh in Pacific Palace Hotel, Wednesday (8/2)

The 2017 Cap Go Meh will be celebrated from 7 to 11 of February. Not only celebrated in Indonesia alone, but also other countries as well. Westerners may know it as “Lantern Festival” although it is not to be confused with “Mid-Autumn Festival”, which is sometimes also known as the Lantern Festival in locations such as South Korea, Malaysia, and Singapore. Some Indonesia’s neighboring countries, such as Malaysia and Singapore, are celebrating Chap Go Meh exactly the same name, same way but in Vietnam, the festival  is called Tết Thượng Nguyên. In the origin land China, Cap Go Meh is called Yuanxiao or Shangyuan and Yuen Siu in Hong Kong.

Indonesian President Joko Widodo, left, talks to lion dancers during the people’s party and Chinese Cap Go Meh festival on a street in Bogor, Indonesia, 05 March 5, 2015. Chinese-Indonesians across the country celebrate Cap Go Meh on the 15th day in the first month of the Chinese lunar New Year. (EPA Photo/Adi Weda)

The full moon always hangs up on the sky of Cap Go Meh. Interesting, isn’t it? According to Sino astrology, at the very beginning of a new year, when there is a bright full moon hanging in the sky, there should be thousands of colorful lanterns hung out for people to pay respect to their ancestors. At this time, people will write their hope and prayers on lanterns, eat glutinous rice balls named after the festival, yuanxiao (also known as tangyuan) and enjoy a family reunion. Regarded as a fetival of gratefulness and family reunion, Cap Go Meh is considered as important as the first day of the New Year itself.

There are many different beliefs about the origin of the Lantern Festival, however, it is likely to have had something to do with celebrating and cultivating positive relationships between people, families, nature and the higher beings that makes life becomes possible each year. One of the most believed belief is that the celebration was originally celebrated as a tribute to the god Thaiyi. Thaiyi god himself is considered as the supreme god of the sky by the Han Dynasty (206 BC – 221 AD). He was believed having sixteen dragons at his beck and had control to inflict drought, storms, famine or pestilence upon human beings. Began with Qinshihuang, the first emperor of China, who named China, all the emperors ordered splendid ceremonies for Taiyi each year. The ceremony was formerly done at night as it is covered only to the court and was not known by the general public. The illuminations are then prepared. However, by the era of Han Dynasty, the celebration was made open to the public and people are allowed to have fun. Since then, at nightfall, people will spread over the streets with various forms of lanterns.

In some city of Indonesia with dense Chinese population, such as Singkawang, Medan, Batam and Palembang, the night is even made merrier with the presence of fireworks and firecrackers. Under the full illuminated moon and around the illuminated lantern, who can bear the overdose romanticism created by the night? It’s just perfect.

Artists from Taiwan perform during the people’s party and Chinese Cap Go Meh festival on a street in Bogor, Indonesia, March 5, 2015. Chinese-Indonesians across the country celebrate Cap Go Meh on the 15th day in the first month of the Chinese lunar New Year. (EPA Photo/Adi Weda)

The celebration is often equated with the Chinese version of Valentine’s Day feast. Yes. the old and youngsters, during the Cap Go Meh night, are “required” to have fun. However, in South East Asian countries, fellow single ladies are having special treatment! All single ladies (including them who are in relationship but have not yet married) will gather together and throw oranges into the sea. This unique custom is originated from Penang, Malaysia. Generally during the Cap Go Meh night, people are watching the dragon/lion dance (Indonesians called it as barongsai/liong) and gathering to play games while eating a special food called Yuan Xiao. In Indonesia, the special food that is eaten during Cap Go Meh is Lontong Cap Go Meh (a dish made of steamed rice in banana leaf with coconut-milk soup consisted mixed vegetables).

Singkawang city of Kalimantan is known for their slef inflicting and piercing showmanship called “Tatung”. The ancient arts performance itself a world renowned only to remain in Indonesia as the communist PRC govenrment ban such cultural festivities many years ago.

Singkawang during Cap Go Meh celebrations is jam-packed with people when the city reverberates with the drum beats and cymbals of lion dances, dragon dances, choi lam shin, when everyone awaits its highlight the parade of Tatung spiritual mediums Intended to repel misfortune for the entire year, Tatungs are the principle medium of the Cap Go Meh ritual here to ward off evil spirits, and cleanse the town and temples from evil and bad luck.

During the Tatung rituals, participants enter into a trance and perform many unbelievable actions, such as stepping on a sword, or piercing steel wires or nails into their cheeks or through their tongues. It is quite incredible to see that despite such torture, the Tatungs remain completely unscathed. Those who participate in this one-of-a-kind ritual are not only men, but also women and even children.

The cultural event is also included in Indonesia’s tourism calendar and regarded as national heritage and tourist attraction as well, especially for the province of western part of Kalimantan. During Cap Goh Meh, the Chinese here believe that Singkawang will be the central gathering place of the gods, whereas Chinese New Year (known as Imlek) is the time to devoutly thank God and pray for a better year.On the 15th day of the Chinese New Year, the city of Singkawang in West Kalimantan will come alive with sparkling festivities in connection with the Cap Go Meh celebration. Cap Go Meh in Singkawang attracts thousands of visitors not only from Indonesia but also from the ASEAN region and mainland China.

Uniquly, the 2017 Valentines day will be preceded with Cap Go Meh festival, Although not as merry as Cap Go Meh festival in Singkawang city, Batam and Bintan also held the yearly festival in much relaxed and warmer spirit, Money and fame shall not be the goal of your life, happiness is, especially a fond memories with your loved ones. If you would love to plan your relaxing trip to Batam and Bintan, do not hesitate to contact us for details.


 

Comments

comments

Batam
Batam
今日のインドネシアと日本の関係は非常に緊密に結びついています。 実際、1974年1月16日に最後のインドネシアに対する日本に対するデモが行われましたが、それはなぜですか? 学生は、インドネシアの大統領の提案を拒否し、訪問した日本の首相に、地元のインドネシア人との公開入札と直接投資の代わりに、任命された中国のインドネシア人と協力するよう頼むからです。 インドネシアの最初の大統領の妻の一人が日本人であるため、インドネシア人もとても寛容です。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

インドネシア人はご飯を食べないと満腹にならないのはなぜですか?

スハルト大統領の政権時代に建設された社会構造のため、米は歴史的にインドネシア人の基本的な食べ物として確立されてきました。 開発はジャワ島に集中しているため、インドネシア全土の行動はジャワ島と同じであると考えられています。ほとんどのジャワの人々は米を食べるので、インドネシア全体に米が広がり、国の主食になります 現在のインドネシア人やインドネシア西部では、「ご飯を食べなければ食べない、ご飯を使わないなら満腹」という言葉があります。 しかし、インドネシアの東部では、スラウェシ州マルク州パプアのように、多くの人々が米をサゴ(サイクリスト)に置き換えています ご飯はとてもおいしくて中毒性がありました。しかし、米は東洋文化の一部のようです。 なぜ米はインドネシア人の主食ですか? インドネシアは多くの田んぼと米を栽培するための大規模な農業システムを持つ国であるため、米は他の主食よりも豊富であるため、インドネシア人は容易に入手できるため一般的に米を食べます。 ただし、米を食べないインドネシア人も多く、小麦や小麦粉を主食として食べる人もいれば、ジャガイモを食べる人もいれば、ご飯のないベジタリアンさえ食べる人もいます。 米は、他の炭水化物食品と比較して最高の炭水化物値を持っています。 したがって、人々がご飯を食べることに慣れている場合、体は炭水化物の必要量に対して最高のクォータを自動的に設定します。言い換えれば、結果は、要求されたクォータに一致するため、ボディは米のみを必要としているということです。 そのため、ご飯をよく食べない人は、まだご飯を食べていないときは満腹感を感じません。なぜなら、体はまだ満たされていない炭水化物の割り当てを請求しているからです。

インドネシア人はインスタントラーメンをご飯と一緒に食べるのが好きな理由

インドネシアの人々は食物栄養の知識​​が非常に不足していることをご存知ですか? これはインドネシアの文化の問題であり、おいしい食べ物が好きでいっぱいです。 医師によると、インスタントラーメンでご飯を食べることは良くありませんが、それを好むインドネシア人はまだたくさんいます。 なぜそうですか? その理由は、米はインドネシアのマレー民族の主食として知られているためです。 インスタントラーメンはこのようなステータスを受け取ったことはありません。 麺、特にインスタントラーメンは、プレーンな味の米とは異なる「味」があるため、サイドディッシュ(サイドディッシュ)と見なされます。 インスタントラーメンの味も強く、味付けされる傾向があります。チキンの味からレンダンやビーフジャーキーまで、最もシンプルで古いものから、インスタントラーメンの味はすべて典型的なインドネシア料理の名前です。 これは、インスタントラーメンの生産者自身が人々の行動を認識しており、インスタントラーメン製品のサイドディッシュの生産を継続することでそれを強化することを意味します。 私の意見では、これが人々がインスタントラーメンをご飯と一緒に食べる理由の1つです。 *注:スハルト時代にパプア人について読んだ記事は、パプアで入手しやすいサゴよりも文明的であると考えられていた米(米)に切り替えることを余儀なくされました。ここでは、他の食品成分を除去することにより米の価格を引き上げようとするスハルト政府の努力を見ることができます。

イグナシウス・ジョナン、インドネシアの鉄道をより良いものに変えます。

インドネシアの鉄道輸送のほとんどはジャワ島にあります。 この島には、島に沿って走る2本の主要路線といくつかの小さな道があります。 PT Kereta Api Indonesiaは、インドネシアで鉄道事業を営む国有企業です。 さらに、ジャカルタとスラバヤ周辺の地域には通勤電車もあります。 鉄道がある他のエリアはスマトラの2つの部分です。 1つはメダン周辺にあり、もう1つはスマトラ島の南部にあります。 15年前、インドネシアとパキスタンの鉄道は以前は同等の品質でしたが、なぜ今日、インドネシアの鉄道の品質はパキスタンをはるかに上回っていますか? インドネシアの鉄道概要 インドネシアで最初の鉄道が1867年に開通しました。鉄道はオランダ政府とオランダの民間企業の両方によって徐々に拡張されました。 日本の占領とインドネシア独立戦争のとき、以前はオランダ人によって貧弱な状態で建設された多くの鉄道。当時のインドネシア大統領は、1950年にスカルノ氏が100台の蒸気機関車のバッチを注文し、1953年にディーゼル化が開始されました。1980年代までに、ほとんどのメインラインサービスがディーゼル化されました。電気式の複数のユニットは、1970年代に日本から入手し、60年前の電気機関車に取って代わりました。 独立時代以来、インドネシアのすべての主要鉄道は国家によって管理されてきました。私鉄の所有者は最初に補償されましたが、システムは1971年に完全に国有化されました。 新しい鉄道線の建設は少なく、ほとんどの新しい建設は既存の鉄道線の二重および四重線追跡に集中しています。以前の路面電車のほとんどは閉鎖されており、距離は約7000 kmからわずか3000 kmに短縮されました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道 イグナシウス・ジョナン氏による大きな革命がありました。 イグナシウス・ジョナンは、何年も前にシティバンクのサラリーマンでした。 彼はシティバンクで安定した生活を楽しんでいますが、仕事の機会を利用してインドネシア鉄道公社で働いています。 インドネシアでは、このような動きは過去には通常、専門家ではなく政治家、官僚、または公務員によって行われていたため、この動きは少し奇妙に思えるかもしれません。 イグナシウス・ジョナンは、2014年に運輸大臣としての役割を果たした彼の意欲的な態度で有名です。インドネシアの鉄道は彼のリーダーシップの下で変わりました。 これは、15年前の2005年頃のインドネシアの鉄道の様子でした。「ビジネスクラス」はこのように見えました。 「エコノミークラス」とほとんど違いはありませんが、座席番号を取得できます。 セールスマンとスリは、キャビン内を自由に歩き回っていました。 ミレニアム時代のインドネシアの鉄道の劣悪な状況は、特にジャカルタ市と混雑したジャワ島で多くのインドネシア人を導いており、バスのチケットを購入してオートバイに乗ることを選びます。 これにより、特に休日にインドネシアで多くの交通事故が発生しています。 ジャカルタで働いて生活しているインドネシア人は、オートバイを使って故郷ジョグジャカルタとスラバヤに戻ります。 オートバイ515,5 KMを使用した長い道路の旅! バイクを使って東京から大阪までほぼ等しい距離です! イグナシウス・ジョナンの時代 彼は2009年にインドネシア国有企業のソフィアンジャリル大臣からインドネシア鉄道会社(PT Kereta Api Indonesia)の社長に任命されましたが、輸送事業に携わったことはありませんでした。 彼は鉄道や輸送会社での経験がありません。 PT Kereta...

法律違反にもかかわらず、多くのインドネシア人がオートバイに3〜4人乗っています

3〜4人が高速道路でバイクに乗るという現象は、インドネシアではすでによく知られています。 オートバイに乗る3人は、法律に違反しているにもかかわらず、インドネシアの文化になっています なんで? インドネシア人の多くは貧しく、バイクはまだ1台しか残っていないからです。 バイクに乗っている3〜4人は、バイクのバランスを制御できなかったとされるため、いくつかの事故が発生しました。 通常、3〜4人がバイクに乗るのは、運転中にヘルメットを着用していない重症度の10代の若者がほとんどです。 オートバイに乗る3〜4人は法律で明らかに禁止されており、公式の規則があります。 この規則は、交通および道路輸送に関する法律No. 22/2009(LLAJ法)第106条第9項に規定されています。 この記事では、サイドトレインなしでオートバイを運転するすべての人が複数の乗客を乗せることは禁止されていると説明されています。 違反者に対する制裁に関して、第292条によると、最高1ヶ月の懲役または最高250千ルピアの罰金が科せられます。 インドネシアの人々は規則を破り、自由に考えることが好きです。

Recent Comments

Comments

comments

You cannot copy content of this page