BOSS TALK

1. 制御または権限を行使する人
2. 政治:政党組織の投票を管理したり、任命や立法措置を指示したりする人

イグナシウス・ジョナン、インドネシアの鉄道をより良いものに変えます。

インドネシアの鉄道輸送のほとんどはジャワ島にあります。 この島には、島に沿って走る2本の主要路線といくつかの小さな道があります。 PT Kereta Api Indonesiaは、インドネシアで鉄道事業を営む国有企業です。 さらに、ジャカルタとスラバヤ周辺の地域には通勤電車もあります。 鉄道がある他のエリアはスマトラの2つの部分です。 1つはメダン周辺にあり、もう1つはスマトラ島の南部にあります。 15年前、インドネシアとパキスタンの鉄道は以前は同等の品質でしたが、なぜ今日、インドネシアの鉄道の品質はパキスタンをはるかに上回っていますか? インドネシアの鉄道概要 インドネシアで最初の鉄道が1867年に開通しました。鉄道はオランダ政府とオランダの民間企業の両方によって徐々に拡張されました。 日本の占領とインドネシア独立戦争のとき、以前はオランダ人によって貧弱な状態で建設された多くの鉄道。当時のインドネシア大統領は、1950年にスカルノ氏が100台の蒸気機関車のバッチを注文し、1953年にディーゼル化が開始されました。1980年代までに、ほとんどのメインラインサービスがディーゼル化されました。電気式の複数のユニットは、1970年代に日本から入手し、60年前の電気機関車に取って代わりました。 独立時代以来、インドネシアのすべての主要鉄道は国家によって管理されてきました。私鉄の所有者は最初に補償されましたが、システムは1971年に完全に国有化されました。 新しい鉄道線の建設は少なく、ほとんどの新しい建設は既存の鉄道線の二重および四重線追跡に集中しています。以前の路面電車のほとんどは閉鎖されており、距離は約7000…

金持ちのインドネシア人は貧しい人と結婚しなければならない、と大臣は言った

人間開発・文化調整大臣のムハジール・エフェンディは、国の裕福な人々が低所得世帯の人々と結婚することを提案しました。 ムハジルは、世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアでは、結婚に「同等の試合を探す」という宗教的な教えがしばしば解釈されていたと語った。 「貧しい人々が(結婚のために)他の貧しい人々を探しているとどうなりますか?より多くの貧しい家庭があるでしょう。これはインドネシアの問題です」と、ムハジールは水曜日にジャカルタで開催された国民保健作業会議の開会演説で述べた。 政府のデータを引用して、前の教育文化大臣は、列島の貧しい世帯の数はおよそ500万であると言いした。 「インドネシアの世帯数は​​5710万人であり、9.4パーセントまたは500万人が貧困層に分類されています。貧困に近い世帯に追加すると、約16.8パーセント、つまり約1500万世帯になります」 当初の公開20th February 2020 @ 6:19 am

インドネシア授業料を支払うとGopayを使用できるは教育文化大臣関係?

GO-PAYまたは以前はGo Walletと呼ばれていましたが、GO-JEKアプリケーション内のサービスに関連する取引の支払いに使用できるGO-JEKクレジットを保存する仮想ウォレットです。 しかし、授業料(SPP)は、GOJEKの所有者としてNadad Makarimが公然と所有しているgopayで支払うことができるようになりました。 Gopayの経営陣は、GoBills機能を使用したSPPの支払いは、サービスの利用を拡大するためのイニシアチブであると主張しています。 2019年の初めから教育エコシステムでの支払いについて、GoPayは北ジャカルタの50の職業訓練校と協力して、QRコードを介して非現金取引を実装しています。 教育文化省は確かにこれを支持しており、適切な法的な廊下にあり、提供されるコミュニティサービスを強化できる限り、民間団体が政府と協力することが可能です。 教育と文化の大臣としてのナディエム・マカリンは、利益相反の問題を回避するために、そのCEOのGo-Jekが事業の所有権と所有権を持っているため、彼の説明を提示する必要があります。 source: kompas: tempo 当初の公開20th February 2020 @…

人生の目標なしに生きるインドネシアの若い世代を見るのは非常に悲しいとジョサファト教授は言った

多くのインドネシア人は海外で働いています。 家事手伝い、工場労働者、そして最高レベルまで。 海外で働くインドネシアのディアスポラと天才科学者は、少数ではあるが、人類への貢献により、インドネシアの若者が人生の目標を持つようになります。 尊敬されるインドネシア人の1人は、千葉大学のジョサファト・テトゥコ・スリ・スマンティョ 博士です。 彼は、気象用の小型衛星デバイスから、民間車両、カーナビゲーション用の軍用および自律型センサーで一般的に使用される薄型アンテナドローンまで、多数の著作権で保護された特許を所有しています。 ジョシャパット教授は、ほぼ無制限の研究資金を利用できる、日本の大学で唯一の外国人教授でもあります。 トヨタ自動車が彼の特許技術を使用する権利を適用しているとき、人類への彼の貢献はインドネシアのメディアによって知られていました。 ジョシュ教授は同僚から日本国民になるよう提案されましたが、インドネシアのパスポートを保持することを好みます。 彼はイネス・インドレスワリ・スカント(バンドン工科大学の講師)と結婚しており、彼らには子供、すなわちヨハネス「MD」パンディート・パンジ・ヘルデントがいます。 彼は妻が千葉大学の学生だったときに会った。 彼らはまた、インドネシアの研究、教育、美術の世界を前進させるために、パンディトパンジ財団(PPF)と呼ばれる社会文化財団を設立しました。 余暇には、ジョシュ教授は古代の地図だけでなく、さまざまな言語の辞書を収集する趣味を持っています。 彼は休暇を家族と一緒に旅行し、世界中のさまざまな湖や海でシュノーケリングをします。 彼の趣味は、自転車に乗って民族料理を味見することです。…

日本人の層の厚さ痛感 国際交流基金 塚本倫久所長

国際交流基金ジャカルタ日本文化センター所長に高橋裕一さん(53)が就任した。「日本の友人を増やし、世界との絆を育む」。基金が掲げるこのテーゼを軸足とし、次代を見据えた日イ間を結ぶ文化交流の発展を目指す。底流を支えるのは、自らの野球人生を通じて学んだ「常に学ばせていただく」という姿勢だ。ジャカルタ勤務は3回目。あの〝熱血漢〟が帰ってきた。 同センターで最も大切なプロジェクトのひとつに「日本語パートナーズ」がある。事業が始まったのは2014年。高橋さんはその準備室時代からひとり始動に向けた構想を練り、新しい双方向関係を日イ間に作ろうと約8年にわたって関わってきた「思い入れ」がある。 ところが、外務省の事業計画では2020年度で日本語パートナーズは終了する。しかし、実際の派遣業務を行う国際交流基金としては、まいた種がようやく芽吹き始めたところ。高橋さんにとっても送り手から受け手に回った今回、まさに「チャレンジの好機」なのだ。 「インドネシアで日本ファンを増やしたい。日本でもインドネシアファンを増やしたい」。そんな思いから3度目の勤務に臨む高橋さん。在任中は日本語パートナーズの幕引き役ではなく、人的交流の発信基地として継続事業となるよう、関係各方面に訴えていく重要な責務を担っている。 過去2回の赴任を振り返れば、走馬灯のように記憶が蘇ってくる。 1回目は、休眠状態にあったインドネシアの「日本語教師会」の活性化を側面支援。教育文科省と連携して日本語の副教材を作り、日本語学習を実施する全国の高校に届けた。 いわゆるジャカルタ暴動(1998年5月)では、大使館の指揮下で9000人を超える在留邦人の国外退避にも関わった。 2回目の赴任では、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護士・介護福祉士の候補者に対する6カ月間の日本語研修が始まった。鳥インフルエンザへの対応で、タミフルやマスクなどの確保に走る日々もあった。 そして7年ぶりとなる今回のインドネシア。その第一印象を聞けば、「街が整備され、MRTが開通し、スディルマン通りを人が歩くようになった。これは衝撃だった」。 しかし、姿勢は変わらない。野球人生を通じて心身にしみこんだ「後輩であっても、グランドに入ったらいい選手であれば敬意を抱け。常に学ばせてもらえ」という信念を貫く。謙虚に。しかし粘り強く。高橋さんの新しい挑戦が始まった。 たかはし・ゆういち 67年1月生まれ。千葉県市川市出身。中央大学経済学部卒。鷺宮製作所に公式野球部採用。90年、大洋ホエールズの入団テストを受けるため退社。契約には至らず、91年から国際交流基金。本部人物交流部などを経て96~2001年、07~13年にジャカルタ勤務。20年1月から現職。趣味は野球。単身赴任。(長谷川周人、写真も) source: jakarta shimbun 当初の公開16th…

ファトマワティというインドネシアの赤と白の旗メーカー

1945年8月17日のインドネシア独立宣言の達成は、すべてのインドネシアの人々、特に女性からの支援と支援から切り離せませんでした。インドネシアの独立のために戦ったベンクルの女性の一人は、ファトマワティでした。インドネシア共和国の初代大統領の妻は、ほとんどの人がインドネシアの赤と白の国の旗の仕立て屋にすぎないと考えています。実際、ファトマワティはインドネシアの独立において重要な役割を果たしています。ファトマワティは1923年2月5日月曜日に生まれました。1935年代からこのベンクル流血の女性は、侵略者の手から故郷を積極的に守ってきました。彼が両親と一緒に戦った場所で、ハッサン・ディンとシティ・チャディジャはナシャトゥル・アイシヤ組織を介して戦いました。ムハンマディヤの自治組織の1つである若い女性組織。 1938年8月、彼はベンクルでスカルノと出会い、1943年6月1日にジャカルタで結婚しました(ファトマワティ:ブンカルノとの小さなメモ、1981年)。その後、ジャカルタでの日本の占領期間を通してスカルノに同行しました。ファトマワティが最初の子供を妊娠したとき、1944年10月にバスリ議長という日本の将校が彼女を訪問しました。警察官は軍政官宣伝部長清水仁の命令で赤と白の日本綿の布をファトマワティに与えた。得られた布は、もともとファトマワティに含まれていた子供服を作るためのものでした。その後、イニシアチブでインドネシアの国旗に布が作られました。彼はインドネシアが独立し、独自の旗を持つことができるとは思わなかったため、時折すすり泣きながら家宝旗を縫いました。ファトマワティのこれらの思い出は、ボンダン・ウィナルノ(2003)による「フラッター・マイ・フラッグ、ヘリテージ・フラッグを飛ぶ伝統」と題された本に記録されました。 「私は縫製中の旗に繰り返し涙を流した」とファトマワティは言った。独立宣言に先立ち、1945年8月8日と9日に同盟国によって開始された原爆攻撃により、日本は完全に敗北しました。 1945年8月10日、日本が連合国に敗北したというラジオ放送を聞いた後、ソエタンシャハリールはスカルノとハッタに直ちに独立を宣言するよう促しました。当時のインドネシアの状況は、老いも若きグループが形成されるまで、どのように独立を得るかの戦闘機の間で賛否両論を作成しました。古いグループと若いグループの意見の相違は、1945年8月16日のレンガスデンクロク事件の原因となりました。若いグループは、ファトマワティとスカルノの住居に来ました。ファトマワティ、スカルノ、息子、ハッタを乗せた車はジャカルタから移動し始めました。 Rengasdengklokに到着した後、彼らはまだある場所から別の場所に移動しており、すぐに1つの場所に落ち着きませんでした。 1945年8月16日の夕方、ファトマワティと彼女の側近たちは、アフマドスバルジョの保証でレンガスデンクロクを離れてジャカルタに向かいました。ファトマワティは彼の部屋で休んでいるスカルノに同行し、太陽が昇り、彼らの庭はインドネシアの独立宣言を聞くためにやってくる人々で満たされ始めました。しかし、彼の本には「ブンカルノとの小さなメモ」という題名の旗はありませんでした。ファトマワティは次のように語っています。「ドアから出ようとすると、旗がないという叫びがありました。半年前。私は寝室の前の場所にいる人々の一人に旗を贈った」とファトマワティは言った。 ファトマワティによって作られたインドネシアの旗は、制服を着た若い男性に引き渡され、すぐに引き上げられました。旗の飛行は、事前の準備なしに自発的に行われます。インドネシアの国旗が掲げられた後、インドネシアのラヤの歌は、音楽の伴奏なしで、宣言を見ていた人々によって歌われました。独立宣言は完了し、スカルノは家に戻って休んだ。ファトマワティはパブリックキッチンを組織し、人間の要塞のような最初の数百の波に食料を提供し、ジャカルタのペガンサーンティムール56(シンディアダムス、ブンカルノインドネシア人民の舌コネクタ、ジャカルタのトランスアブドゥルバーサリム、グヌンアグン、1982年)を保護しました。インドネシア独立後1945年9月、独立宣言のニュースがインドネシアの領土全体に広がりました。 政府システムが規制され始め、実現したインドネシアの独立は、実際にはすべての政党、特に再植民地化を望むオランダ人によって完全に受け入れられなかった。 「ファトマワティ・スカルノ:ファースト・レディー」という本で、インドネシアの激動によりファトマワティが彼女の小さな家族と分裂したことが言及されています。安全上の理由から、彼はグントゥールを両親と連れて行き、親戚の家に住んでいた。スカルノはよく動き回った。ファトマワティと彼女の家族は、大統領のボディーガードの提案で、ついに西ジャワのスカネガラに行きました。クスマネガラでの生活は贅沢とはほど遠いものです。ファトマワティでさえも、家が暗くなったときに照明を当てるのは石油ランプだけです。 彼女は息子と一緒に、非常に困難な時期にスカルノの側にとどまりましたが、彼女は夫との戦いを続けることを決してあきらめませんでした。ジャカルタの治安状況は脆弱であり、首都はジョグジャカルタに移動しました。 1946年1月4日、スカルノ、ファトマワティ、彼女の子供と両親、州当局者とその家族は列車でジョグジャカルタに向けて出発しました。 「ファトマワティ:ブンカルノとの小さなメモ」の本で、彼は次のように述べました。新しい国で大統領の妻になることは大きな負担です。さらに、連合国とオランダの到来により、独立後の状況は急速に過熱します。 1945年末の共和党の戦闘機とオランダ軍の間の抵抗と武力衝突はますます一般的になりました。このような不安定な状況では、彼は妻とファーストレディの役割の間に立ちます。彼はオランダ人の占領を避けるためにスカルノから離れて移動することに慣れなければなりませんでした。 「マグリブだったとき、私はブンカルノと別れた。ブンカルノは一人歩きしましたが、私と母は知人に銃とマチェーテの護衛で一晩滞在しました。 「通常、私たちは村のホールを通って、ブンカルノが待っているかフォローしている秘密の場所に行きます。時々、私は自分自身をペセル職人に変装することを余儀なくされ、ブンカルノはリンプスタイルで野菜の便利屋に変身します」とファトマワティは言いました。これを知っていたオランダ人はすぐにインドネシア共和国政府を攻撃する計画を立てました。…

インドネシアの独立を維持するための戦い,ブン・トモがいる仕方

ジャワ出身のインドネシアの国民的英雄は、本名はストモで、1920年10月3日に東ジャワ州スラバヤで生まれ、1981年10月7日に61歳でサウジアラビアのパダンアラファトで亡くなりました。私たちは、ブン・トモとして人々に彼をよく知っています。ブン・トモは、NICA軍の助けを借りてオランダの植民地主義の復帰と戦うために人々の熱意を動機付ける独立性の時代の彼のサービスで有名なヒーローです。この抵抗は1945年11月10日のスラバヤの戦いの原因で終わり、現在までこの戦いは英雄の日として祝われています。 Ansor Youth Movement(GP)とGolkar Party(FPG)History Factionは、2007年11月9日にBung Tomoに国民的英雄の称号を与えるよう政府に要請しました。当時、SBY政権。国民的ヒーローの称号はブン・トモに与えられ、その瞬間は2008年11月10日の英雄の日を記念して正しかった。 ブン・トモの子供時代 ブントモはスラバヤの中心部にあるブラウラン村で生まれました。彼の父親は、政府の従業員を務めた中流階級の従業員であったカルタワン・チプトウィジョジョという家族の頭でした。彼の職務は、オランダが所有する輸出入分野の民間工場の民間スタッフであり、政府の税務署のアシスタントです。中流階級の家族の頭。彼は、マランに埋葬されたディポネゴロ王子の数人の親しい友人と血縁関係があると主張した。 ブン・トモの母親は、中央ジャワ、マドゥラ、スンダの間で血を混ぜていました。スラバヤに移住する前、ブン・トモの母親は地元の販売代理店でシンガー・ミシン会社で働いていました。彼の若者は町で警察官として働き、かつてはサレカット・イスラム協会の会員でした。 ブン・トモは教育水準の高い家庭で教育を受けました。彼は情熱的に語り、常に率直でした。彼は状況が良くなるように一生懸命働くのが好きです。 12歳で、MULOで教育を辞めなければならなかったBung Tomoは、家族を支えるためにさまざまな中小企業を営みました。これは、当時世界が襲った大恐hitのために起こりました。その後、彼は通信を通じてHBS教育を修了しましたが、公式にはBung Tomoは資格を失いました。 Bung…

スディルマンはンインドネシア軍の父という物語

スディルマンまたはスディルマンまたは朴ディルマンは、インドネシアの歴史の中で軍隊から非常に尊敬された最も尊敬された将軍の一人であり、インドネシアが独立革命に多大な貢献をした多くの国民革命の英雄の一人でした。彼は最初の司令官であり、31歳でインドネシア共和国の最初で最年少の将軍でした。彼はまた、原則を保持することに固執し、非常に堅実で、落ち着いたスピーチを持ち、解決方法で問題を解決できる戦闘機として知られています。彼が兵士になり、軍隊の偉大な将軍になる前に教育に積極的に関わっていたことはめったに知られていない。 本名がラデン・ソディルマンである将軍は、1916年1月24日に中部ジャワ州パーバリンガで、カルシド・カルタウィラジとシエムという両親に生まれ、ムハンマド・サミンガンという兄弟がいます。彼の妻はアルフィアで、7人の子供がいます。正確な出生地はレンバンのBodas Karangjatiでした。彼は生物学的な両親に育てられたのではなく、より確立された生活を得るために、ラデン・コクロスナリオという名前のカマトである叔父に養子にされました。 このスディルマン将軍の伝記では、彼は子供の頃から適切な教育を受けていました。HIS(Hollandsch Indlandsche School)で7歳から始まり、7年目にTaman Siswaで学校に移りました。翌年、オランダ政府がスチューデントパークを違法と見なしたため、彼はウィロトモ学校に移りました。彼は敬Raな子供であり、ラデン・ムハンマド・ホリルからメッカ巡礼の愛称までイスラムについて崇拝し、学んでいます。 彼の叔父は1934年に亡くなり、その後彼の家族が貧困に陥ったので大打撃でしたが、彼はWirotomoで支払いなしで学校に留まることを許されました。彼がティーンエイジャーだったとき、彼はムハンマディヤ組織に属するヒズブル・ワタンと呼ばれるイスラム組織を共同設立し、卒業後にチラキャップ支部を率いました。若い頃から、スディルマンは確かにリーダーシップの才能を持っているように見えました。人々は彼を嫌がり、尊敬しています。卒業後、彼はムハンマディヤの教師候補者のための特別な学校であるKweekschoolで再び勉強しましたが、費用の問題により彼は立ち止まりました。彼はCilacapに戻り、Muhammadiyah Elementary Schoolの教師となり、Alfiahと会い、結婚しました。彼は義理の父の家で、Raden Sosroatmodjoという名のバティックの起業家でした。 スディルマン将軍の組織 スディルマン将軍の伝記は、彼が教えている間も彼がムハンマディヤの青年組織で組織化するために活動し続けたことに留意した。 1942年のインドネシアでの日本の占領後、教育活動は制限され、学校は日本人によって軍のポストに変更されました。彼は日本と交渉し、最終的には限られた機器で教えることを許可されました。 1944年、彼は日本で作成されたレジデンシー評議会の議長を務め、PETAに参加してボゴールに留学するように求められた後、初めて軍に入隊しました。スディルマンの闘争は、ブン・トモの伝記とW.R.の伝記の歴史にも劣っていません。近い将来に戦ったSoepratman。…

ブンカルノはインドネシア共和国の初代大統領でした物語

ブンカルノはインドネシア共和国の初代大統領でした。彼の名はKoesno Sosrodihardjoであり、通常Bung Karno、Sukarno、Pak Karnoと呼ばれています。 1901年6月6日にスラバヤに生まれ、父親の夫婦Soekemi Sosrodihardjoと母親のIda Ayu Nyoman Raiに生まれました。彼はPKIの反乱の数年後と1970年6月21日に亡くなりました。ブン・カルノはムハンマド・ハッタとともに「宣言の英雄」という称号を受け取りました。 Proclamator’s Youth ブンカルノの幼少期は、ブリターに住んでいた両親と一緒に住んでいませんでした。しかし、Bung Karnoは、東ジャワ州のTulungagung市にあるRaden Hardjokromoという祖父と暮らしていました。若いBung Karnoは、モジョケルト市に移動するために両親と一緒に行かなければならなかったため、教育を完了できなかったにもかかわらず、Tulungagung学校に行きました。…

Ki Hajar Dewantaraは国民的英雄であり,インドネシアの教育の父です

Ki Hajar Dewantaraは国民的英雄であり、教育の父です。元の名前はRaden Mas Soewardi Soerjaningratです。しかし、1922年には、Ki Hadjar Dewantaraとして知られていました。いくつかの情報源は、ジャワ語のKi Hajar Dewantoroに言及しています。 Ki Hajar Dewantaraは、1889年5月2日にパクアラマン地域で生まれ、1959年4月26日にジョグジャカルタ市で69歳で亡くなりました。さらに、一般的にスワルディと呼ばれる教育の父は、インドネシア独立運動の政治家、政治家、コラムニスト、そしてインドネシアがまだオランダ領東インドによって支配されていたインドネシアの息子の地球の教育の先駆者でした。 Ki Hajar…