Riau Islands

100リアウ諸島当局が綿棒テスト、40陽性コロナ

リアウ諸島でのCovid-19の件数、リアウ諸島知事の補佐官2名がCovid-19を積極的に契約していることが判明した後で爆発的に増加しました。リアウ諸島州政府とタンジュンピナン地方警察内の何百人もの役人と従業員も綿棒テストを受けなければならなかった。 2020年7月31日現在の試験結果に関するデータは、100人が試験を受け、40人がCovid-19陽性であったと記録しています。 Antamがバタムで報告したように、BBTKLPPバタムからの視察には、カリムンリージェンシーで1人の陽性者、ビンタンリージェンシーで7人、タンジュンピナンで30人が含まれていました。 私はまた、リアウ島保健局の代行責任者としてTjetjep Yudianaの名前と医療検査を受けた役人の1人であるリアウ州タスクフォースのスポークスマンに言及しました。しかし、結果は否定的なものでした。 一方、タンジュンピナン警察署のデータに基づいて、5人の警官と数人のタンジュンピナン警官がCovid-19で陽性であることが判明しました。 以前は、最新の綿棒の結果が出た後、リアウ諸島のイスディアント知事はCovid-19の陽性を確認しました。バタムポスデイリーからの報告によると、イスディアントの状態は安定しており、重大な症状はありません。 「はい、ポジティブです」とリアウ諸島州のコヴィッド-19タスクフォースのスポークスパーソンであるTjetjep Yudianaは金曜日(2020年7月31日)に言った。 イジェントは、2020年7月29日に綿棒を服用して以来、タンジュンピナンリージョナルビルディングの知事公邸で距離を置くか、独立検疫を行っていたとTjejepは言いました。 Tjetjepが明らかにした、知事が彼の個人的なボディーガードからCovid-19を契約した可能性が高い、最初のDPSはCovid-19によって肯定的に宣言された。 「知事が健康になることを祈る」と彼は言った。 当初の公開3rd August 2020…

インパクトコロナはリアウ諸島の燃料消費は価格が下がらなくても低下する

リアウ諸島のラマダンとイードアルフィトルの間の燃料油(BBM)の消費量は急激に減少しました。燃料消費の削減はコロナのパンデミックの影響も受けました。 Idul Fitriの前後で、家の外でのコミュニティ活動は増加しましたが、燃料消費量は、通常の1日120万リットルの毎日の消費量と比較して、依然として44%減少しました。 この燃料消費量の削減は、プレミアム、パータライト、パータマックスシリーズなどのすべてのタイプの燃料に適用されます。 コムユニットマネージャーのロビーヘルビンドは、次のように述べています。 Rail&CSR Pertaminaマーケティングオペレーションリージョン(MOR)I、土曜日(6/30/2020)。 昨年、2019年のレバランでのH-3からH + 3までのリアウ諸島でのこの種の燃料消費の実現は、1日あたり116万リットルに達しました。 同様の状況がディーゼル燃料消費でも発生します(Biosolar、Dexlite、Dex)。その消費量は、H-3からH + 3 Eid 2020の場合、1日あたりわずか61千リットルに相当します。…

インドネシアのビンタン島のゲイが未成年の子供2人をレイプ

男性が木曜日(2020年5月14日)の夜にビンタンのサトレスクリム警察の部隊に逮捕されました。最初のNを持つ男性は、未成年者を虐待したとして逮捕されました。 ビンタン警察のKBOサトレスクリム警察、イプトゥタンパルPシパフタールは、少年の虐待があったことをコミュニティがバビンカムティマスペンガダン村に報告した後に、事件は明らかにされたと言いました。 「レポートを受け取った後、ビンタン警察のサトレスクリムチームが現場に来て、夜間に犯人を確保した」とTumpalは土曜日(5/16/2020)に言った。 審査の結果から、犯人はイニシャルRZ(11)とRK(9)で被害者に対してアクションを実行したと主張しました。堕落した行為でさえ、同じ犯罪現場、加害者の家で犠牲者に対して繰り返し犯されてきました。 加害者が発射するモードも同じです。つまり、被害者に携帯電話を渡して、被害者が携帯電話でゲームをプレイし、犯人が簡単に行動を起こせるようにすることです。 「現時点では、犯人と証拠は確保されており、ビンタンのPPAサトレスクリム警察によってさらに調査されている」と彼は説明した。 性的虐待の罪で、加害者は2020年のインドネシアの刑法第23条の児童保護に関する第64条第1項に違反したとして起訴された。 「犯人は懲役15年の最長の脅迫を受けている」と彼は言った。 当初の公開16th May 2020 @ 5:49 pm

5月16日、リアウ諸島のコロナ陽性患者は合計87人

リアウ諸島州でのコロナまたはコビッド-19の症例は土曜日(2020年5月16日)に増加した。この追加の症例は、バタムシティの陽性コロナ患者から来ています。 リアウ州のCovid-19タスクフォース処理チームは、さらに、Covid-19陽性患者の総数は87人であると述べました。 今日の時点で2人の患者が回復したため、5月16日の時点でリアウ諸島のCovud-19から回復したのは53人でした。死亡した患者のデータはまだ11人です。 データには監視対象患者(PDP)のステータスがありますが、461人もの人数があり、その数には前日の7人が追加されています。 461 PDPデータから、87人が監視下にあり、374人が監視を終了していることがわかります。 PDPの数はバタム329人で構成されていますが、前日と変わらず、タンジュンピナン75人、ビンタン22人、カリムン24人、アナンバス7人です。 Natuna 4人とLingga 0。 土曜日のインサイダー監視データ(ODP)は4,128人にのぼり、前の金曜日から39人が追加されました。 ODPの4,128人のうち、756人が監視され、3,372人が監視を終了しました。 症状のない人(OTG)のデータについては、257人が追加され、OTGの合計は4,457人になりました。 監視中の655のOTGで構成され、3,895人が監視されています。 Covid-19の肯定的なデータはバタム島のガラン病院で取り扱われましたが、29人で、2020年5月16日の時点で全員が治癒したと宣言されました。…