Japan

Known as the “Land of the Rising Sun”. Japan is a stratovolcanic archipelago consisting of about 6,852 islands. The four largest are Honshu, Hokkaido, Kyushu, and Shikoku, which make up about ninety-seven percent of Japan’s land areas. About 9.1 million people live in Tokyo, the capital of Japan. The country is divided into 47 prefectures in eight regions, with Hokkaido being the northernmost prefecture and Okinawa being the southernmost one. The population of 127 million is the world’s tenth largest.

従軍慰安婦を忘れ、補償がない日本とインドネシア

問題のある戦争賠償に加えて、日本政府は、アジアの数十万人の女性、ジュグン・イアンフに傷を残した重要な出来事にも目をつぶっているように見えました。国際女性人民法院では、日本政府は第二次世界大戦中に性奴隷制度を実施して戦争犯罪を犯したとして起訴されました。 裁判所の決定はオランダのハーグで行われました。評決の中で言及されたのは、広仁天皇、軍関係者、および官僚が有罪とみなされたということです。さらに、裁判所は、日本政府が被害者に個別に謝罪し、アジアのイアンフの歴史を日本の学校教育カリキュラムに組み込み、補償基金の形で補償を提供することを要求しました。 インドネシアでは、従軍慰安婦はインドネシア全土に広がっています。軍の兵舎がある場所には、特に東部にジュグンイアンフがあります。日本自体で、日本の残虐行為のその後の証拠が明らかになり始めた。過去に政府の政策をカバーしていたことを明らかにしたのは、東京都中央大学の歴史学者である吉見義明だった。彼は、日本軍が過去に軍事目的で売春宿の調達を命じたことを示す文書を見つけました。 この事件は、日本軍が中国本土に侵入した1931年に始まりました。中国本土を制御するために、日本は軍事基地を建設し、135千人もの軍隊を動員しました。日本はついに上海と南京市を占領しました。しかし、長年の戦争により、日本軍は食料を使い果たしました。彼らは人々の家を略奪し、民間人と兵士を殺害し、女性をレイプし、その多くの部隊が性病に苦しんでいた日本軍に最悪の影響を与えました。 ニュースは東京に届いた。その後、日本帝国は博士を送りました。調査を行うたつお。そこから、達夫は売春宿を提供するための勧告を行いました。パイロットプロジェクトとして、日本軍は「きれいな」女性を含むイアンジョ(売春宿)を建設する政策を立てました。 この施設は、中国、北朝鮮、韓国、台湾、フィリピン、マレーシア、インドネシア、東ティモールなど、日本が侵略したアジアのさまざまな場所に建設されました。この政策の結果、アジア地域の20万人以上の女性が性的欲求を満たすために性的奴隷として犠牲にされました。 軍の売春宿の設立にはいくつかの理由があります。性的奴隷への容易なアクセスを提供することにより、日本軍の士気と軍事的有効性が向上します。これにより、兵士に休息の許可を与える必要がなくなります。売春宿を保持し、公式の監視下に置くことにより、政府は性病の延を抑制することも望んでいます。 文書が1992年初頭に公開されると、大騒ぎになりました。日本政府はすぐにジュグン・イアンフの問題を調査した。その後、1993年に政府は河野声明を発表し、「深く謝罪し、事件を後悔する」と述べた。日本政府は、性的奴隷制度に関する日本兵の直接の関与を認めています。 元安倍親三首相はまた、彼の政府がジュグン・イアンフ事件を再調査すると発表した。安倍首相の声明は多くの国から反応を引き起こした。安倍首相は、第二次世界大戦中にジュグン・イアンフの存在に日本が全責任を負うことを求めた米国議会で、民主党の議員であるマイケル・ホンダによって開始された決議にのみ答えた。 過去の日本の過ちについて不本意を示す感情があります。それは、特に1990年代初頭の日本経済の崩壊以来、日本の小さな子供たちに自信の文化を植え付ける態度です。インドネシアでは、政府の態度が明確ではありませんでした。政府は、日本との戦争賠償の問題は終わったと考えています。 従軍慰安婦を育てる必要はありません。 当初の公開8th March 2020 @ 2:03…

インドネシアの植民地化後に日本が与えたものは何ですか❓

日本人、特に若い世代は、過去の「軍事」の影響についての苦い記憶を持っています。 「したがって、日本はかつて植民地だったすべての国に戦争賠償を支払う「道徳的」義務があると感じています。 サンフランシスコ協定から始まる 1951年半ば、アメリカはサンフランシスコで日本との平和と戦争の執行に関する条約を交渉する会議を開始しました-サンフランシスコ条約(サンフランシスコ条約)として知られています。この合意は、主に国連憲章(UN)と人権に関する一般声明に基づいていました。 インドネシアを含む合計49か国が、協定への署名に参加するよう招待されました。当時権力を持っていたスキマン・スィルジョ内閣は、特に利益が不明確であると考えたインドネシア国民党(PNI)グループと、会議をインドネシアと日本の問題の障害の終わりと見なしたマシュミとに分かれていた。最後に、政府は、インドネシアに利益があれば参加することをいとわない中間的な立場を取りました。 Achmad Soebardjo外務大臣はサンフランシスコに向けて出発しました。しかし、署名式の数時間前の1951年9月7日、内閣はまだ合意に達していない。内閣も投票します。その結果、10人の大臣が平和協定に同意し、6人の大臣がそれに反対しました。 最終的に、サンフランシスコ協定は1951年9月8日に首尾よく締結され、1952年4月28日に発効しました。協定が合意されると、第二次世界大戦の終わりに伴い、日本は公式に帝国主義国家としての力を失いました。さらに、日本は、日本の戦争犯罪に苦しんでいる同盟民間人および元戦争捕虜に対しても補償を提供することが求められています。 サンフランシスコ協定の第14条は、「日本は、自国の領土が日本軍によって占領され、日本によって破壊された連合軍と直ちに交渉することを期待されている。日本はそのような連合軍のために生産、回復、その他の作業を行っています。」 第14条に基づき、フィリピンと南ベトナムはそれぞれ1956年と1959年に補償を受けました。ビルマとインドネシアは、サンフランシスコ協定の第14条に従って二国間協定に署名しました。 1941-1945年に占領された国に対する日本の戦争賠償は次のとおりです。 国合計円合計USD契約日 ビルマ72,000百万2億1955年11月5日 フィリピン198,000百万550百万1956年5月9日 インドネシア80,308.8百万223.08百万1958年1月20日…

日本人の祖先はインドネシアのDNAであることが判明です

一九八八年に埼玉県浦和市で人の頭骨が発掘された。形質人類学の専門家がみると縄文人骨らしいのだが、この頭骨の一部分をくり抜いてタンパク質のコラーゲンを抽出して年代測定した結果、約五九〇〇年前(縄文時代前期)という結果が得られた。そこで、この年代測定と平行して、PCR法を利用してこのくり抜いた部分からミトコンドリアDNAを取り出し、塩基配列を解読することを試みることにした。 ただ、いきなり縄文時代の人骨を分析したのではなく、まず解剖学教室から分与された昭和初期の人骨、江戸時代人、近世アイヌ、古墳時代人と、いろいろな時代にさかのぼって予備的な実験を行ってきた。そしてフロリダのミイラと同じように古人骨からも、うまくやればミトコンドリアDNAを増幅して配列が解読できることがだんだん明らかになったので、浦和の人骨(浦和一号)も調べてみることにしたのである。 まず一グラムほどの骨片の表面をきれいに洗浄して細かく砕き、薄い塩酸で脱灰処理をしてカルシウムを溶解する。定法どおりタンパク質を除去して、いろいろな濃縮過程を経て最終的にDNAを抽出した。 こうしてさまざまな年代から得られた古人骨からの抽出液で、PCR法による増幅を試みた。DNAがまったく増幅されない場合もあったが、それは骨の保存状態によるものらしい。骨の保存状態が悪ければ、DNAの増幅は難しいのである。しかし、分析を試みた人骨の中で最も古い頭骨、浦和一号から抽出したDNAを増幅することには成功し、DNAの塩基配列を決定することができた。 DNAの増幅に成功したミトコンドリアDNAの二三三塩基の断片は、現代人の比較分析に用いた四八二塩基の領域に完全に含まれている。このうち塩基配列を決定できた浦和一号の一九〇塩基の領域について、一二一人の現代人の配列と比較してみた(表3)。その結果、浦和一号の配列は、日本人以外のアジア人二九人中、東南アジア人二人(マレーシア人とインドネシア人)とまったく同じということが明らかとなったが、六二人の現代日本人の中には完全に一致するものは観察されなかった。日本人のなかで浦和一号との違いが少なかった例を上げると、一ヵ所のみ変異が観察されたものが一五人、二ヵ所に観察されたものが八人であった。 *日本人以外のアジア人で完全一致(置換数0)を示したのは東南アジアのマレーシア人とインドネシア人の2人。 ここで注目すべきことは、この短い領域において浦和一号と三ヵ所から最高八ヵ所の違いが観察された日本人が三九人もいるということである。これらの結果から、約六〇〇〇年前に日本列島の中心部(現在の埼玉県)に住んでいた縄文人は、現代の東南アジア人と共通の起源を持つという可能性が示唆される。さらに六二人の現代日本人との比較では、一九〇塩基対の領域でわずか一ヵ所あるいは二ヵ所のみ変異の観察されたものが三分の一は存在したものの、同じ配列を示したものはまったく存在しないという、注目に値すべき結果が得られたのであった。 DNA情報の別の研究から日本人の中に少なくとも二つのグループ(グループI、グループII)が存在するということが明らかになっている。今回、塩基配列の解読に成功した日本人の遠い祖先と考えられる縄文人骨・浦和一号は、系統樹上の位置づけから、現代日本人に存在するグループのひとつであるグループIIに含まれることがわかっている。 宝来聰著「DNA人類進化学」(岩波科学ライブラリー52)より引用 当初の公開26th February 2020 @ 4:40 am

4インドネシア人がコロナウイルスまたはCOVID-19に感染している

ダイアモンドプリンセスの状況は、船にコロナウイルス(COVID-19)の急速な拡散に耐える専門スタッフがいないため、恐ろしいものです。 日本政府は、インドネシア政府が彼らを家に持ち帰ることを決定した場合、横浜海域でダイヤモンドプリンセスクルーズ船のインドネシア人船員78人を本国に送還する準備を整えています。 「私たちは、クルーズ客船に乗ったインドネシア市民の避難に関するインドネシア政府の政策についての情報を受け取っていません。しかし、私たちは協力する準備ができており、喜んでいます。」 石大使は、彼らを避難させる決定はインドネシア政府の権限下にあると述べた。日本政府は、インドネシア政府とクルーズ客船を運航する会社との間のコミュニケーションを促進する準備ができています。 大使は、クルーズ客船に乗っている78人のインドネシア国民は全員乗組員であると述べた。しかし、彼はコロナウイルス、またはCOVID-19感染にかかったインドネシアの市民の正確な数をまだ知りませんでした。 「状況は刻々と変化します。確認されたコロナウイルス症例の正確な数について話すことはできません」と彼は述べた。 インドネシアのレトノ・マルスディ外務大臣は、78人のインドネシア人乗組員のうち3人がコロナウイルス、またはCOVID-19感染症にかかったと同日早くに述べた。 インドネシア大使館は千葉病院と東京病院に確認されました。 4インドネシア人は集中治療を受けています。 ダイアモンドプリンセスは、プリンセスクルーズ社が所有および運営する英国のクルーズ船です。 ダイヤモンドプリンセスは、主に北半球の夏にはアジアで、南半球の夏にはオーストラリアでクルーズ船として、2004年3月に操業を開始しました。 ダイヤモンドプリンセスは、三菱重工業株式会社によって構築されています。 他の75人のインドネシア国民は、水曜日(2020年2月19日)までクルーズ客船に乗って検疫されています。 クルーズ船でCOVID-19陽性と確認された確認症例の総数は、現在446に達しています。 船には56カ国からの2,666人の乗客と1,045人の乗組員を含む3,714人が乗船しています。…

日本政府はインドネシア海事水産省を支援するために使用済みの巡視船を寄付します

日本は、助成金が経済的および社会的安定の維持とインドネシアの人々の福祉の向上に貢献することへの希望を表明した。 日本は、22億円(274億ルピア)に相当する維持管理設備資金とともに、漁業巡視船「博麗丸」をインドネシアに引き渡しました。 インドネシア外務省アジア太平洋局長のサント・ダルモスマルトとインドネシア駐日大使は、金曜日に漁業巡視船の引き渡しを記した書簡の交換に署名した。 「インドネシアは違法漁業により損失を被っているが、インドネシア海事水産省は海を巡回できる船を持っていない」とジャカルタの日本大使館の経済顧問清水一彦は述べた。 1993年に製造された船舶の長さは63.37メートルで、国際標準トン数は741トンです。 この船の最大積載量は29人です。 「2020年3月以降、船舶の修理、使用、航行に関するトレーニングを提供します。2021年に海事水産省に引き渡されます」と和彦は語った。 同助成金は、日本政府が他国に拡大した最初の助成金だと彼は述べた。 また、この助成金は、「自由で開かれたインド洋」の概念の実現に貢献する、インドネシアの海域における法執行機関の能力を強化する取り組みに関連しています。 残念ながら、日本政府からのこの「素晴らしい」船の寄付は非常に遅れています。 寄付が以前の大臣マダム・スージ・プジアシュトゥティで行われた場合、古典的な船は間違いなく海でより多くの行動を見ます。 多くのインドネシア人は、新漁業大臣はマダム・スシ・プジアシュトゥティと同じ品質で働くことはできないと信じています。 ソース: Antaranews 当初の公開19th…

日本のタクシー運転手は、テレビのインタビュー中に電話でコロナウイルスにかかっていることを知りました

シンガポールでは、タクシー運転手が新しいコロナウイルスに感染するリスクが高いことが知られています。 同じリスクが日本の東京でも発生しました。 Yahoo Japanの記事によると、TBSの広報担当者は、ディレクターはTBSの関連会社の従業員であると述べました。 2月 15、TBSの日本のインフォテインメントプログラムのディレクターがタクシーに乗りました。 偶然の一致により、この特定のタクシー運転手は、2020年1月18日に前述の同じパーティーに出席しました。 プログラムのディレクターはすぐにスクープを感じ、ドライバーとの即席のインタビューを開始しました。 彼らは車から出て行き、監督は、彼がショットでドライバーの顔を撮っていないことを確認して、撮影を始めました。 ドライバーは、前日にCovid-19ウイルスのテスト方法について話しました。 彼は、彼が現在無症状であると言いました。 運転手はまた、医師が彼に確認された症例であると言うために彼に連絡していないので、彼が仕事をやめたと言った。 そして、電話が鳴った頃です。 まったくスクリプト化されていないカメラで、実際に確認されたケースであることをドライバーに知らせる電話が来ました。 ショックの結果、彼はニュースに対処するために立ち去らなければなりませんでした。…

日本文化がインドネシア人にどのような影響を与えたかの歴史を知っていますか

日本の文化は、1980年代後半に世界社会に浸透し始めました。日本文化は、文化的側面から日本外交の媒体と見なされることがよくあります。国内レベルでは、特に日本にとって、このような外交的手法は、日本の影響力と関心を広めるための外国戦略の実施です。それはすべて、1980年代初期までの明治時代の田ノ倉信の人生の旅に関するおしん連載から始まりました。 彼は「おしん」と呼ばれ、幼少期から成人期まで一生懸命働かなければなりませんでした。 しかし、彼の努力のおかげで、彼は裕福なスーパーマーケットのフランチャイザーになりました。 1980年代に国の音楽愛好家の注目を即座に受けたあの歌「心の友」。彼が従った インドネシアでの日本文化の発展自体は、アニメーションシリーズ(アニメ)、コミック(マンガ)のエントリの役割と切り離すことはできません。 )穏やかな文化であり、改造されています。 日本の文化自体は、印刷メディア(新聞、雑誌など)、電子メディア(テレビ、ラジオなど)、インタラクティブメディア(インターネット)、代替メディア(ワイドスクリーンムービーなど)に至るまで、多くの情報チャンネルを通じて流れています。そのため、これらの文化が意識的または無意識的に国際文化の一部となったという情報が迅速に得られます。文化的価値の技術的洗練と情報伝達と相まって、異なる地域のさまざまな関係者がより簡単にチャネル化および感動するでしょう。 これらの文化が生活の関節に入ることは、特に一般的なティーンエイジャーのように、個々の考え方を構築する上で間接的に基本的な要素になる可能性があります。基本的に、思春期には、文化が思考の枠組みとプロセスを形成する決定要因になることが多いためです。ユニークなのは、基本的な成分が主に日本からである思春期の人の心の中での考え方の開発が、現実の状況に統合されたことです。日本特有の日常生活の形は、インドネシアの生活や文化的伝統とは大きく異なることが保証されます。 日本文化が入ったことはよく知られており、日常生活に大きな影響を与えています。それはすべて、日本の国が技術と通信の分野でインドネシアと協力してきたからです。年に1回開催されるJak-Japan Matsuriなど、インドネシアと日本の協力を記念して日本に関連する多くの主要なイベントが開催された場合。 Jak-Japan Matsuriだけでなく、今ではインドネシアで日本の祭りを見つけることができます。 しかし、多くの日本企業が日本政府やインドネシア政府の支援を受けた日本文化祭を全く持たないバタム市は、シンガポールの日本文化祭とは大きく異なります。 多くのインドネシアのティーンエイジャーに愛されているアニメーションシリーズ(アニメ)は、ナルト、ドラえもん、ブリーチ、ドラゴンボール、名探偵コナンなどのテレビ番組から切り離すことはできません。インドネシアのティーンエイジャーの多くは、アニメ、ゲーム、または制服シリーズを見せることで趣味に関与しています。日本の子供たちのライフスタイルから生まれた原宿スタイルを守る多くのティーンエイジャーのコスプレ、メイク、スタイルだけではありません。 インドネシアでの日本の文化の参入は、肯定的なものに趣味、趣味として自分自身を表現することさえするが、インドネシア自身の文化を傷つけているため、インドネシアへの日本文化を否定的なものとして議論することによってそれを却下する人もいる。そのようなことは、肯定的であれ否定的であれ、それを見る独自の価値になります。インドネシアの文化を忘れないように、私たちはまだ自分の文化を大事にしなければなりません。…

インドネシアの民間人の乗客であるダイヤモンドプリンセスヤンのみがコロナウイルスに感染しません。

2月初旬から、ダイアモンドプリンセスクルーズ船の何千人もの乗客がコロナウイルスのために隔離されました。   積極的に感染した人から始めて、今ではさまざまな国からの何百人もの人々が感染していますが、インドネシアの市民はいません。   事故は現地時間の月曜日(3/2)に始まり、80歳の乗客が1月25日に香港に下船し、コロナウイルス陽性でした。 祖父の旅行歴は、彼が最後の1月10日に数時間中国本土を訪れる機会があったことを示しています。中国にいる間、祖父は保健センターやシーフード市場に行かなかったので、他の人からコロナウイルスに感染したと考えられています。 その後、日本海を航行する船は検疫された。日ごとに、船の乗客がコロナウイルスに陽性であると1つずつテストされたことが言及されました。最新のデータでは、コロナウイルスが39人も陽性であったため、現在、患者数は174人に増加しています。 「53の新しい検査結果のうち、39人が陽性であった」と、加藤勝信保健大臣は記者団に対し、AFP通信が水曜日に報告したように語った。 コロナウイルスに陽性の人の数が増えると、ダイアモンドプリンセスという名前のクルーズ船にさらに検査される人が増えます。クルーズ船には78人のインドネシア市民を含む2,666人の1,045人の乗組員から成る3,711人がいることが知られています。インドネシア国民はすべて健康であると報告されており、コロナウイルスの症状は見られませんでした。 日本の当局はこれまでのところ、症状を経験し、コロナウイルスに陽性の祖父と接触する疑いのある273人を調べました。検査結果は、日本の当局によって段階的に発表されました。 インドネシアの民間人の乗客であるダイヤモンドプリンセスヤンのみがコロナウイルスに感染しません。インドネシア中国の元の変化が元々同じ一般的な中国人を持っているために間違いなくコロナのウイルスを作る場合 当初の公開16th February 2020 @…

日本人は売春の女の子を雇った後にコロナウイルスに感染したエプソンバタム島、本当か

Seiko Epson Corporation(セイコーエプソン株式会社、Seik Se Epuson Kabushiki-gaisha)(Epsonは「Son of Electronic Printer」の略)[2]または単にEpsonは、日本のエレクトロニクス企業であり、世界最大のコンピュータメーカーの1つです。 プリンター、情報および画像関連機器。 長野県諏訪市に本社を置き、世界中に多数の子会社があり、インクジェット、ドットマトリックス、レーザープリンター、スキャナー、デスクトップコンピューター、ビジネス、マルチメディア、ホームシアタープロジェクター、大型ホームシアターテレビ、ロボット、産業用オートメーション機器を製造しています。 販売ドケットプリンターとキャッシュレジスター、ラップトップ、集積回路、LCDコンポーネント、その他の関連する電子コンポーネント。 創業以来、セイコー時計の製造で知られるセイコーグループ3社の中核企業のひとつです。   老後も結婚していない日本の妻が残し、バタム島で働いて暮らす日本人は孤独を感じる…

インドネシアのビンタン島を日本のパートナーは、新鮮なピッキングのためにビンタンで野菜を栽培する

来年の第1四半期から、インドネシアのビンタン島を訪れ、島内の2つの温室から収穫したばかりのケールを食べることができます。 野菜はビンタンのレストランにも供給され、2021年までにシンガポールに輸出される。 両方の温室は、今年末までにビンタンの極北に建設されるギャラン大林グリーンアグリテックパークの一部です。 5haパークの建設計画は、ジュエルチャンギ空港の開発に携わった日本を拠点とする大林有司と提携し、開発者PTペルサダ・ヒジャウ・セマーラン(PHC)によって火曜日(14日)に発表されました。 PHCは、シンガポール上場の投資会社ギャラント・ベンチャー(ビンタンに15のリゾートと2,000室の客室を持つビンタン・リゾーツの開発者)が所有しています。 ギャラント・ベンチャーのエグゼクティブ・ディレクター兼最高経営責任者のユージン・チョー・パーク氏は、野菜の栽培を除けば、温室はより多くの訪問者を引き付けるためにエコツーリズムを促進する役目を果たすと述べた。   観光客は、農業技術の仕組みを学ぶために公園の一部であるビジター&エデュケーションセンターを訪問することができます。彼らはまた、温室の一つから桜のトマトを選ぶためにサインアップすることがあります。 「エコツーリズムは、観光客がビーチに座る以上のものを望んでいるので、需要が増加している分野の一つです」と、彼が言いました。 昨年ビンタン・リゾーツを訪れた120万人の外国人観光客のうち、40%がカメの孵化場、マングローブ、新しい海洋生物発見公園でのエコツーリズム活動に参加した、とパーク氏は語った。 温室はそれぞれ5,000平方メートル(または2つのサッカー場の大きさ)で、各収穫ごとに栽培される野菜の目標量は100トンです。 これは日本でも同じような大きさの温室で生産される量です。 収穫した野菜はビンタン・リゾーツのバナーの下でレストランやリゾートに供給され、残りは来年シンガポールに輸出されるが、ギャラン・ベンチャーは輸出額と供給量の数値を明らかにしなかったが、ビンタン。 作物の栽培に使われる農業技術は、2014年に千葉県内に建てた大林工務がシンガポールの気候に適応したオーク香取農園の温室から借りている。 重要な特徴は、内部の湿度と光強度を調節することです。温室は、通常、寒い天候から野菜を暖かく保つ構造ですが、シンガポールの熱帯気候を考えると、アグリテックパークの温室は、その内部温度を下げるために冷却ユニットを持つことになります。…