なせインドネシア人は米を食べるですか

昔話、なせインドネシア人は米を食べるですか❓原因として

これがインドネシア人が米を食べ、パンを食べない理由です。 ほとんどのアジア人のように米を休めると、伝説的なインドネシア人の物語があります. 豊の神、農業の女神、米の女神、米の女神と考えられているデウィ・スリの物語。ジャワの土地では、スンダ・ニャイ・ポハチ・サンギャング・アスリにいる間にデウィ・シュリという名前で知られています。 デウィ・スリは、アンダーワールドと月の支配者であると信じられています。彼は地球上の食料、特に米を管理し、富、生命、繁栄を管理することができます。豊富な米の収穫のように、マジャパヒト王国とパジャジャラン王国以来栄光を受けました。 さらに、彼は貧困、飢災害、害虫、死などの反対もコントロールしています。デウィ・スリは生命の母とみなされており、稲や稲蛇にも関係しています。 むかしむかし、デウィスリは、アンタボガという名前の魔法のヘビの卵から生まれました。アンタボガの涙で作られた美しい卵は、手足がないために幸福を築くことができない代わりに、バタラグルに捧げる美しいムスティカです。 バタラグルの命令に基づいて、アンタボガは卵が化するまでインキュベートし化させました。奇跡的に、美しく、かわいく、愛らしい女の赤ちゃんが生まれました。彼女は後にバタラ・グルによって子供と皇后として採用されました。子供には、Nyi Pohaci Sanghyang Sri ニィポハシサンヒャンスリという名前が付けられました。 歩くとき、子供は美しいお姫様、優しく、優しく、穏やかに話され、高貴な性格と言語に成長し、それを見た人を魅了することができます。天国のすべてのニンフと女神を打ち負かした彼女の美しさのために、バタラグルは養子と結婚したいことに惹かれました。 他の神々は、バタラの達人のしるしを見て、結婚が起こるのではないかと心配していました。したがって、神々は、デウィ・スリの神聖さと天国の家庭の調和を維持するために、バタラ・グルとデウィ・スリを分離することを計画しています。彼らはまた、王女の飲み物に混ぜられた毒を通してデウィスリを殺すことに同意しました。 デウィ・スリが中毒で亡くなった後、神々は心の優しい聖女を殺す罪を犯したため、罪悪感、パニック、恐怖を感じました。できるだけ早く女神の体が地球に降ろされ、遠く隠れた場所に埋葬されました。 デウィ・スリの消滅は、すべての天国の悲しみ、特にバタラ・グルとアンタボガを失った。しかし、女神の優しさと神聖さのために、驚くべきことが起こりました。彼女の墓から人類に役立つ様々な植物が現れました。 そのすべてのメンバーから、ココナッツ、スパイス、野菜、果物、木材など、さまざまな有益な植物が栽培されています。そして、女神の墓から稲になった。別のバージョンでは、白米は右目から、赤米は左目から来ると書かれています。…