ほとんどのインドネシア人は政府のコロナ対応に不満であると調査で判明

ほとんどのインドネシア人は政府のコロナ対応に不満であると調査で判明

ジャカルタに本拠を置く世論調査員インドバロメーターが実施した世論調査では、回答者のほとんどがジョコ “ジョコウィ”ウィドド大統領のCOVID-19アウトブレイクへの対応に不満を感じていることが判明しました。 5月12日から18日に実施され、7つの州(西ジャワ、中部ジャワ、東ジャワ、ジャカルタ、バンテン、北スマトラ、南スラウェシ)の400人の参加者が参加した調査では、回答者の53.8%が中央政府に不満を感じていることがわかりました公衆衛生緊急事態への対応。 対照的に、回答者の57.3%はそれぞれの地域の行政に満足しています。 「中央政府と比較して、地方行政に対する国民の満足度はより高い」とインドバロメーターは調査報告で述べた。 調査の結果、回答者のほとんどが中央政府の一貫性のない政策と社会援助の配分の遅れに問題を抱えていることがわかりました。 回答者はまた、地方行政は中央行政よりも反応がよく、より優れたウイルス対策を講じていたと感じています。 インドバロメーターは、COVID-19の発生に取り組むための政策を考案する際に、ジョコウィは回答者の不満を考慮に入れるべきであると述べました。 世論調査員は、「2つの主要な問題は、社会扶助の分配と一貫性のない政策に関係している。これは解決されなければならない」と述べた。 政府のカウントによると、インドネシアでは火曜日の時点で23,165人のCOVID-19症例が確認されており、1,418人が死亡しています。