アフリカ大使、中国に「差別」を訴える

アフリカ大使、中国に「差別」を訴える

中国のアフリカ大使は、コロナウイルスの再発防止を目指しているため、アフリカ人に対する差別と呼んでいることについて、同国の外相に手紙を書いています。 一部のアフリカ諸国は、中国、特に広州南部の都市でアフリカ人が虐待され、嫌がらせを受けているという懸念への対応を個別に要求しています。 中国は武漢市を中心とした当初の集団発生を制御下に置き、輸入事件を懸念しており、外国人の入国監視と国境管理の強化に取り組んでいます。それはいかなる差別も否定した。 近年、広州のアフリカ人は、家主からアパートから追放され、コロナウイルスの検査が数回行われ、結果は出されず、公然と敬遠され差別されたと報告しています。このような申し立ては、地元のメディアやソーシャルメディアで行われています。 大使のメモは、そのような「非難と差別」は、ウイルスがアフリカ人によって広められているという誤った印象を生み出したと述べました。 「北京にいるアフリカ大使のグループは、アフリカ人に対して強い検査、検疫、その他の非人道的な措置の中止を直ちに要求する」と述べた。 このメモは、中国政府の最高外交官である王毅国会議員、アフリカ連合、南アフリカ大統領のシリル・ラマフォサ、およびアフリカのすべての外相の議長を写したものに送られました。 「広東省当局はいくつかのアフリカ諸国の懸念を重視し、その働き方を改善するために迅速に取り組んでいる」 「アフリカの友人は、中国で公正、公正、誠実で友好的な接待を得ることを期待できる」と外務省は広東省当局と緊密に連絡を取り続け、「アフリカ側の合理的な懸念と正当な控訴」に取り組むと付け加えた。 趙の声明は、大使の王への言及に言及しておらず、市内のアフリカ人に対する差別の主張についても言及していません。 外務省の劉Baochun氏は日曜日に記者会見で別々に記者会見し、広州は国籍、人種、性別を問わず、国境を越えて都市に入るすべての人にウイルス対策を実施していると語った。 土曜日にジンバブエの中国大使館は、アフリカ人が意図的に標的にされていたとして非難を却下しました。 「孤立した事件を扇情的にすることは有害だ」とツイートした声明で述べた。 「中国は国内および外国のすべての個人を平等に扱います。」 失望…