イスラエルの研究所がまもなくヒトでコロナワクチン試験を開始

イスラエルの研究所がまもなくヒトでコロナワクチン試験を開始

エルサレム:国防省が監督するイスラエルの研究所は、早くも10月にCOVID-19ワクチンの可能性について人体試験を開始する予定であると、ベニーガンツ国防相は木曜日(8月8日)に述べた。 イスラエル生物学研究所(IIBR)は、10月に一連のユダヤ教の祝日が終了した後、保健省と共同で裁判を開始するとガンツ氏は述べた。 IIBRは6か月間ワクチンに取り組んでおり、3月に動物実験を開始しました。 「成功したすべての最初の実験は大きな希望を与えます」ガンツ氏はテルアビブの南約25キロのネス・シオナにある研究所をツアーした後に言った。 IIBRのディレクターであるShmuel Shapira氏は、次のように述べています。「優れたワクチンがあります…私たちはこの製品を手にしています。」 イスラエル駐在米国大使デビッド・フリードマン氏は先月、同研究所の生化学防衛研究所を訪問し、米国食品医薬品局(FDA)の暫定規制を求めているコロナウイルスワクチンのプロトタイプについて説明を受けた。 COVID-19感染症はイスラエルで最近数週間で急増し、78,500人に達し、569人が死亡した。 source: cna