インドネシア、スラウェシ島でコロナ大発生中に母親が幼児を拘留室に連れて行く

インドネシア、スラウェシ島でコロナ大発生中に母親が幼児を拘留室に連れて行く

有名な弁護士のHotman Paris Hutapeaは、子供を刑務所に入れなければならなかった囚人であった母親がまだいたというニュースに激怒しました。 北スラウェシマンガニトゥ警察署で発生したとされる事件は、コロナウイルスの蔓延を防ぐために政府が何千人もの囚人を釈放している最中に起こったことを彼は後悔した。 「…母親は子供から離れたくないので、この母親は子供を拘束します!(子供は拘留されませんが、母親は子供から離れたくないので子供を拘束する母親です」とHotmanは火曜日(5/5/2020)に書いた。 ホットマンは当局にこの事件の真実を質問した。 「マンガニト警察署から説明してください??これは本当に北スラウェシ州警察署長と警察署長ですか?」 HotmanはInstagramを通じて書いています。 彼はまた、2020年のPerpu No. 1を通じて政府によって決定された不安定な状況の適用を思い出させました。 「起訴された30000人の囚人は、検察と裁判の調査と30000人の囚人の事件を処理した法務官の給与を賄うために数十億の国家資金が使われたとしても、同化によって大臣によって釈放されたことを思い出してください」とホットマンは続けた。 彼はまた、この事件に関連する真実と正義を明らかにするためにインドネシアの人々を招きました。 「さあ、インドネシアの人々が話します!!!!アマンゴイ!さあ、すべてのテレビがあなたのカメラマンを北スラウェシのマンガニトゥに連れて行きます!誰が権限を持っているのですか?それは本当にサンギヘ警察管轄下にあるのですか???」ホットマンパリを招待します。