インドネシアい

再婚した父親が残したジョグジャの少年はスカベンジャーとなり小屋に住んでいた

ジョグジャの若いスカベンジャーは市民の思いやりを招きます。少年はダートと名付けられ、マンダラクリダスタジアムエリアのターポリンでできた小屋に住んでいたと伝えられています。 Dartoとの短いビデオ会話が水曜日(2020年4月15日)にTwitterアカウント@rolilafaradizaにアップロードされ、月曜日(2020年1月6日)にInstagramで@ndorobeiiアカウントによって再び共有されました。情報によると、ジェパラ出身であると主張したダルトは、両親なしで4年間住んでおり、現在はホームレスでもある友人たちと小屋に住んでいます。 ビデオレコーダーは、Dartoの両親がどこにいるかも尋ねました。彼の答えによると、彼には実際にはまだ父親がいましたが、今では彼はダルトを投棄したようです。 「彼女の両親はどこにいるんだ、デク?」カメラの後ろの女性に尋ねました。 「母は死んだ」とダートは答え、プラスチック製のアイスティーを手にした。 “彼女の父?”もう一度ビデオレコーダーに尋ねた。 「再婚する」と彼は父に会ったことがないかどうか尋ねられたとき彼の頭を振ったダートは言った。 現在、彼はスカベンジャーになることで自分をサポートするのに苦労しています。拾った中古品をどこに持ってくるかと聞かれたところ、「スキッパーで預金」と答えました。