インドネシアでコロナのお金を持っていないための虐殺の赤ちゃん

インドネシアでコロナのお金を持っていないための虐殺の赤ちゃん

マラン県の男、東ジャワは、コロナウイルスの助けを与えられなかったため、赤ちゃんの命を奪うことができました。彼はその場で隣人の赤ちゃんの頭をひったくって死にました。 その男は無実の赤ん坊を殺すことができるように精神障害に苦しんだとされています。事件が発生したとき、赤ちゃんは加害者の家からそれほど遠くない彼の家でぐっすり眠っていました。 多くの人々の証言によると、手袋をした男性はカセンボン村本部の前で不平を言っていました。その理由は、彼はコロナウイルスに50億ルピアを村長からの援助を求めた。 「犯人は午前中、村から50億ルピアのコロナウイルスに助けを求め続けた。彼は余談であると述べた」とプジヨノ委員長は述べた。 誰も聞いて動揺しなかった彼は、村の村長を探して回りました。しかし、彼はそれを見つけることができなかったので、家に帰って鎌を取りました。 単純明快ではなく、加害者たちは被害者の家から家の近くまで行きました。彼はすぐに部屋に入って、イニシャルVの赤ちゃんがぐっすり眠っていることを発見しました。 すぐに、加害者は犠牲者の頭を切り倒しました。ちなみに、事件当時、母親が家の前の店で買い物をしている間、父親が働いていたため、被害者の家の位置は静かだった。 「加害者はついに被害者の家に入った。その時、父親が働いていて、母親は家の前の店で買い物をしていたので、警備員はいなかった」と警察司令官プジヨノは言った。 それだけでなく、加害者の野蛮人の犠牲者は1人だけでなく3人でした。他の2人は、イニシャルがA(9)である兄弟Vと、イニシャルがS(65)である祖父の犠牲者です。 犯人の行動に腹を立てた住民が集まり、殴打されそうになった。ただし、現時点では、コーチングのために精神病院(RSJ)ラワンに連れて行かれています。 一方、被害者Vの兄と被害者Sの祖父は最寄りの病院に急行された。加害者からのマチェーテスラッシュにより、彼らはそれぞれ頭を負傷した。