インドネシアのスラバヤ人

ジャンチュクというインドネシアのスラバヤ人の言葉は何ですか

Jancukジャンチュク、Diancukジアンチュク、Djancukジアンチュク、Ancukアンチュク、Juancokジュアンチョク、Jancokジャンチョク、Cokチョク。 それはの言葉何ですか❓ スラバヤの人々が日常生活でよく使用する伝説の言葉は、インドネシアの独立戦争の時代に由来すると言われています。 当時、マラビー将軍の死によりスラバヤを攻撃し始めていたイギリス軍は、部隊を指揮し、装甲車両ユニットまたは戦車の支援を受けました。 ある瞬間、ジャンチュクという言葉が生まれました。そこでは、戦争中にジャマンが最初だったと言われました。イギリス軍の戦車がインドネシア軍に向かって動いており、「JAN COXジャンチョク」と読みました。まだ戦車について理解しておらず、自分の名前を理解しておらず、「JAN COXがいるJAN COXには気をつけて!」と叫びながら走るインドネシア軍 そこから独特のスラバヤのアクセントがあり、人々にJAN COXという言葉を聞かせます。これは悪いことであり、災害とみなされます。 時間が経つにつれて、スラバヤの人々は、JAN COXジャンチョクという言葉を否定的な表現として使用し、現在の毎日の活動で最終的に知恵の真珠になるまで他人に呪いをかけています。ジャンチュク自体も「F * ck You」と解釈できます。 しかし日本語の同じ意味はありますか?ありますです それは(やばい、ちくそ、くそ)ということばが同じです…