インドネシアのメダンで虎に食べられた若い男

インドネシアのメダンで農民は虎に襲われて亡くなった

グヌンルサー国立公園(TNGL)エリアのセイバンバンで農夫が惨めに死んでいるのが発見されました。農民は虎に襲われて亡くなったと考えられています。 ファイサル氏によると、被害者はラメラーンという名前の市民でした。 42歳の男性は、2020年4月4日土曜日の朝、TNGL地域で農業に行くことが判明した。しかし、午後まで被害者は帰宅しなかった。 彼の家族からの電話も受け取れなかったので、捜索を行った。その後、捜索中に、被害者は23.00 WIBで発見され、その状態は死にました。 被害者は、ランカットリージェンシーのセイレパン地区、ハラパンマクムールビレッジのPir Lok Iハムレットの居住者です。 「はい、私の市民。ちなみに彼はTNGL地域の土地を開拓しました。土地を管理します。再び彼は土地を開拓し、トラに襲われました。彼の状態は非常に憂慮すべきです」とファイサルは日曜日(2020年5月4日)に語った。 ファイサルは明らかにした、犠牲者の発見の場所はベシタン地区に入った。彼はまた、群衆を避け、コロナCOVID-19ウイルスの蔓延を避けるために犠牲者を直ちに埋めるように村長に指示しました。 「それが彼の発見の場所です(Besitang)。問題はBesitang地域にあるので、私はあえてコメントしません。犠牲者は私の市民です」と彼は言った。 グヌンルセル国立公園広報センター(BBNTGL)スディロは事件を確認した。しかし、攻撃されたトラの死の疑いに関連して、それはまだ深化を行っています。 「はい、そうです。すでにA1」と彼は簡単に言った。 sourceA: liputan