インドネシアの中学生がインターネットを購入して売春婦になり、コロナの最中に学校に通えるようになる

インドネシアの中学生がインターネットを購入して売春婦になり、コロナの最中に学校に通えるようになる

リアウ諸島(リアウ諸島)のバタムにある15歳の中学生は、インターネットの割り当てや日用品を買うために自分を売らざるを得ませんでした。 しかし、その行動は警察によって無効にされた。 バトゥアジ警察のチーフコミッショナーJun Chaidirは、警察が未成年者を売ったMiChatを介したオンライン売春ネットワークまたはディーラーが存在したという報告を警察が受け取った後に明らかにされたと述べました。 そこから警察は開発を行い、最終的にオンライン売春の供給者であると疑われた2人の加害者を確保することに成功しました。 「私たちが確保した2つのプリンシパルは、ディストリビューターと目利きです。両方とも、水曜日(2020年7月22日)に取引を行う際にWisma Mitraモールで確保しました」と、Jun Chaidirは火曜日(2020年7月28日)に語った。 2人の加害者にはRSとMLのイニシャルがあり、失業者でした。 最初の検査から、被害者は彼女がコロナパンデミックの間に毎日の必要のためのお金を持っていなかったという理由だけで彼女が故意に自分自身を売ったことを認めました。被害者はまた、インターネットクォータを購入するために自分を売ったと主張しました。 さらに、被害者は困っている家族から来ており、保護者の監督からかけ離れています。この被害者の状態はすぐにオンライン売春業者によって悪用されました。 Chaidir氏はさらに、被害者はFacebookのソーシャルネットワークの加害者を知っていたと述べた。 そこから、最終的に被害者が理解し、ミチャートの説明を通じて自分自身を宣伝する機会ができるまで、コミュニケーションが確立されました。 「当初、被害者は加害者から知りましたが、後で被害者は自分自身を宣伝する時間を持っていて、加害者の時折の使用もありました」とChaidirは説明しました。 関税については、加害者は単一の日付に対してRp…