インドネシアの学校制度は広大で多様です

インドネシアの学校制度は広大で多様です

インドネシアの学校制度は広大で多様です。 250,000を超える学校に5,000万人以上の生徒と260万人の教師を擁する同大学は、アジア地域で3番目、世界で4番目に大きい教育システムです(中国、インド、米国に次ぐ)。 2つの省が教育システムの管理に責任を負っており、学校の84%が国家教育省(MoNE)の下にあり、残りの16%が宗教省(MoRA)の下にあります。私立学校は重要な役割を果たす。小学校の7%しか私立ではありませんが、シェアは中学校で56%に、中等学校で67%に増加しています。 小学校の純入学率は、普遍的な入学をしているより裕福な学区と比較して、貧しい学区では60%未満です。中等教育の純就学率は着実に上昇していますが(現在、中学校では66%、上級中等では45%)、この地域の他の国と比較するとまだ低くなっています。インドネシアはまた、幼児教育と高等教育で隣国に遅れをとっており、総入学率はそれぞれ21%と11.5%です。 インドネシア政府の開発アジェンダの中心は教育です。経済危機以降、教育支出は年々大幅に増加しています。実質的には、教育支出は2000年から2006年の間に倍増しました。2007年の教育支出は他のどのセクターよりも多く、140億米ドル相当、または政府支出総額の16%以上に達しました。 GDPのシェア(3.4%)として、これは他の同様の国に匹敵します。 国家教育法(No.20 / 2003)と憲法修正IIIは、インドネシアのすべての市民が教育を受ける権利を持っていることを強調しています。政府は手数料を課すことなく基礎教育に資金を提供する義務があること;そして政府は教育への支出の20%を配分することが義務付けられている。教師法(2005年第14号)は、教育の質の向上を目的として、教師の認定に関する雇用条件と要件に重要な変更を導入しました。教育省の2005〜2009年の戦略計画には、3つの主要な柱があります。 1.教育へのアクセスの増加。 2.教育の質の向上。そして 3.教育セクターのより良いガバナンス。 2005年、政府は、BOS(Biaya Operasional Sekolah、または学校運営基金)と呼ばれる大規模なプログラムを立ち上げました。これと一般的な地方分権化の取り組みを支持して、政府は学校ベースの管理(SBM)の原則を国家教育システムに定着させ、国家教育標準のフレームワークを提供するように動きました。…