インドネシアの教育はまだダウンしており、虚偽に満ちている

インドネシアの教育はまだダウンしており、虚偽に満ちている

教育は学校と同じであり、学校は教育と同じです。これが私の常識です。学生の親として、そしてもちろん以前の学生として、私は過去と現在の教育との多くの違いを見ています。時代は発展し続けており、時代の進展に侵されたくない場合は、すべての分野で例外なく調整できる必要があるため、この変更は私の意見では妥当である必要があります。 教育について決して変わっていないことの1つは、過去と現在の両方の親の期待が同じままであり、子供たちが賢い子供になることです。子供を学校に通わせる理由を無作為に片方の親に聞いてみましょう。きっと「私の子供が頭がよくなるように」という答えになります。 スマート、スマート、態度も。 世界的に、私たちは教育が量と質の面ですべての地域に均等に分配されることを確かに望みます。誰もが状況を理解していると思うので、これについてはこれ以上説明しません。政府は確かに沈黙せず、何かをしましたが、私たちが理解しなければならないことは、大量にあるものであっても簡単ではないことです。時間がかかりますが、確かに可能です。はい、政府はそれを行うことができます。 教育の世界に対する私の個人的な希望は、私たちが知っているように、学校は子供たちの2番目の家であるため、教育者や教師が生徒の親になることができることです。そうすれば、子供たちは学校に行かざるを得なくなります。彼らは彼らの学校の活動を喜んで行うでしょう。そして、幸せな人は教えるのが簡単になります。 教師が親になるのは難しいですか?はい、もちろん、特に公務員、非正社員、名誉従業員である教師の間の不均一な収入と相まって、他の人の子供の親になることは困難です。 収入は非常に貧弱ですが、同様のタスクと責任があれば、障壁になったり、教育の質に影響を与えたりすることはありません。教師にとって、スタッフのステータスは依然としてすべての生徒に最高を提供します。先生に包まれるまでお腹が苦労することもあるのですが、実力がなくても主人公です