インドネシアの新型コロナウイル

新型コロナウイルスのせいからインドネシアの約700のホテルが閉鎖

インドネシア雇用者協会(Apindo)は、COVID-19のパンデミックは観光業とホテル産業に大きな影響を与えたと語っています。Apindoの会長であるHariyadi Sukamdaniはtempo.coに、業界がウイルスに強い打撃を受けており、698のホテルが閉鎖したことを発表したと語った。 ハリヤディ氏は、今のところ焦点はパンデミックからの回復方法にあるべきだと信じていると付け加えました。 「ウイルスを制御できない場合、我々は何もできない」と彼は言った。彼は2020年の第2四半期に、業界はそのピーク圧力を経験するだろうと予測しました。彼はまた、パンデミックに関して政府がどのように不調和に思われたかについて後悔を表明しました。 インドネシアホテルレストラン協会(PHRI)は月曜日、発生が1月に始まって以来、国全体のホテル稼働率は30〜40%に低下したと語った。バタムムハンマドマンスールのPHRI地域責任者は、ジャカルタポストに、バタムの9つのホテルが3月23日から26日の間に稼働率が5%未満に急落したため閉鎖されたと語った。 危機のなか、国内の多くのホテルがレストランの料理を配達するサービスを提供しています。それらには、ホテルムリアセナヤン、ウェスティンジャカルタ、ダルマワンサジャカルタ、パシフィックプレイスのリッツカールトンジャカルタ、東ジャワのマラントゥグホテル、東カリマンタンのサマリンダホライズン、リアウのプカンバルのペソナホテルが含まれます。