インドネシアの植民地化後に日本が与えたものは何ですか❓

インドネシアの植民地化後に日本が与えたものは何ですか❓

日本人、特に若い世代は、過去の「軍事」の影響についての苦い記憶を持っています。 「したがって、日本はかつて植民地だったすべての国に戦争賠償を支払う「道徳的」義務があると感じています。 サンフランシスコ協定から始まる 1951年半ば、アメリカはサンフランシスコで日本との平和と戦争の執行に関する条約を交渉する会議を開始しました-サンフランシスコ条約(サンフランシスコ条約)として知られています。この合意は、主に国連憲章(UN)と人権に関する一般声明に基づいていました。 インドネシアを含む合計49か国が、協定への署名に参加するよう招待されました。当時権力を持っていたスキマン・スィルジョ内閣は、特に利益が不明確であると考えたインドネシア国民党(PNI)グループと、会議をインドネシアと日本の問題の障害の終わりと見なしたマシュミとに分かれていた。最後に、政府は、インドネシアに利益があれば参加することをいとわない中間的な立場を取りました。 Achmad Soebardjo外務大臣はサンフランシスコに向けて出発しました。しかし、署名式の数時間前の1951年9月7日、内閣はまだ合意に達していない。内閣も投票します。その結果、10人の大臣が平和協定に同意し、6人の大臣がそれに反対しました。 最終的に、サンフランシスコ協定は1951年9月8日に首尾よく締結され、1952年4月28日に発効しました。協定が合意されると、第二次世界大戦の終わりに伴い、日本は公式に帝国主義国家としての力を失いました。さらに、日本は、日本の戦争犯罪に苦しんでいる同盟民間人および元戦争捕虜に対しても補償を提供することが求められています。 サンフランシスコ協定の第14条は、「日本は、自国の領土が日本軍によって占領され、日本によって破壊された連合軍と直ちに交渉することを期待されている。日本はそのような連合軍のために生産、回復、その他の作業を行っています。」 第14条に基づき、フィリピンと南ベトナムはそれぞれ1956年と1959年に補償を受けました。ビルマとインドネシアは、サンフランシスコ協定の第14条に従って二国間協定に署名しました。 1941-1945年に占領された国に対する日本の戦争賠償は次のとおりです。 国合計円合計USD契約日 ビルマ72,000百万2億1955年11月5日 フィリピン198,000百万550百万1956年5月9日 インドネシア80,308.8百万223.08百万1958年1月20日…