インドネシアは今年ハッジ旅行をキャンセルします

インドネシアは今年ハッジ旅行をキャンセルします

世界最大のイスラム教マジョリティ国であるコロナウイルスの懸念を巡って2020年のメッカ巡礼をキャンセルすることを正式に決定したため、インドネシアの何十万人もの巡礼者は今年、メッカ巡礼の計画を延期しなければなりませんでした。 Sri Kustiniさん(60歳)は、今年ハッジ旅行に乗り出す計画を持っていた人々の1人にすぎません。彼女は何年もサウジアラビアに行くのを待っていて、2014年に巡礼に登録しました。 彼女は2月に旅行の全額を支払ったと言いました、それは彼女の合計で数億ルピアを要しました。 世界最大のイスラム教マジョリティ国であるコロナウイルスの懸念を巡って2020年のメッカ巡礼をキャンセルすることを正式に決定したため、インドネシアの何十万人もの巡礼者は今年、メッカ巡礼の計画を延期しなければなりませんでした。 Sri Kustiniさん(60歳)は、今年ハッジ旅行に乗り出す計画を持っていた人々の1人にすぎません。彼女は何年もサウジアラビアに行くのを待っていて、2014年に巡礼に登録しました。 彼女は2月に旅行の全額を支払ったと言いました、それは彼女の合計で数億ルピアを要しました。 ジョグジャカルタのグヌン・キドゥルの住民は、政府がニュースから今年のハッジをキャンセルしたことを知り、他の巡礼者に転送したと語った。彼女の旅行代理店は、スリ氏は、停止に関する発表をまだしていませんでした。 「多分アッラーは私たちを訪問することをまだ許していない。我々は失望も怒りもしない。別の時があるだろう」とスリは火曜日にジャカルタポストに語った。 「我々は政府の決定を受け入れる。これがパンデミックが終わったとき、我々はハッジで行くという確信が必要だ」と語った。 世界で最大の巡礼巡礼者の割り当てがあるインドネシアは、最初は年間のイスラム教の伝統のために221,000人までを送る予定でした。宗教省は、巡礼者のほぼ18万人が予定された旅行に支払ったと記録しました。 しかし、宗教大臣のFachrul Raziは、進行中のパンデミック、ならびにサウジアラビアのハジとウムラ(マイナーハジ)の旅行の無期限停止は、政府が人々のビザと保護措置を準備するのに十分な時間を残していなかったと述べました。 「今年はハジの出発はありません。支払って登録した人は来年の出発のために配置されます」とファクルルは火曜日に言った。…