インドネシアは1

インドネシアは1,821人の新しいコロナ症例を報告し、57人が死亡した

ジャカルタ:インドネシアは月曜日(8月17日)に1,821の新しいコロナウイルス症例を報告し、その感染総数は141,370であり、政府のCOVID-19タスクフォースのデータが示しました。 東南アジアの国はまた、57人の新たな死者を加え、その死亡者数は6,207人となり、東南アジアで最も高いコロナウイルス死者数となった。 インドネシアのジョコウィドド大統領は金曜日、2021年に2兆747.5兆ルピア(1850億米ドル)の予算を提案し、パンデミックの中での景気回復の加速に焦点を当てた対策を立てました。 ジャカルタ市政府は先週、再びウイルスの蔓延を抑制するために部分的封鎖を延長することを決定しました。ロックダウンは8月27日まで実施されます。 これは、首都での過去2週間のCOVID-19隔離病棟および集中治療室(ICU)のベッドの占有率の増加に続いています。 当局者によると、インドネシアはまた、候補者が規制当局の承認を取得すると、中国製COVID-19ワクチンの製造に関する技術的ノウハウを優先的に利用できるようになりました。 これは、フェーズ3臨床試験に参加する世界で数少ない数の1つであるSinovac Biotechが製造したワクチン候補のヒト後期臨床試験に参加するインドネシアの利点の1つです。 SOURCE: CNA