インドネシアはASEANで最高のコロナ事件を記録

インドネシアはASEAN東南アジアで最高のコロナ事件を記録

インドネシアでのコロナの陽性例(Covid-19)の追加は増加し続けています。金曜日(2020年4月17日)の時点で、陽性の症例数は5,923人で、607人が治癒し、520人が死亡した。 「Covid-19の肯定的な確認は5,923であり、607人が回復したことを感謝し、これは今後数日間で大幅に増加し続けるだろう」 / 2020)。 この事件はまた、コロナ事件がインドネシアで最初に現れて以来の最高の追加を記録した。 19の州で407の新しい症例が報告されています。 さらに、この数の追加により、インドネシアはフィリピンをポジティブケースのある国にシフトさせ、ASEANでコロナウイルスによる死亡率が最も高くなっています。 金曜日(2020年4月17日)の時点でのいくつかのASEAN諸国でのコロナウイルスの症例数は次のとおりです。 1.インドネシア5,923件、607人が回復、520人が死亡 2.フィリピン5,878例、487人が回復、387人が死亡 3.マレーシア5,251件、2967年に回復、86人が死亡 4.シンガポール5,050件のケース、683件の回復、10人の死亡 5.タイ2,700件、1689年に回復、47人が死亡 6.ベトナム268件、198件が回復、0人が死亡 7.ブルネイダルサラーム136件、112件が回復、死亡1件…