インドネシア人が日本語を学ぶのはなぜ減り始めているのですか?

インドネシア人が日本語を学ぶのはなぜ減り始めているのですか?

インドネシア人は、毎年日本語を学ぶことに興味がありません。これは、他の外国語と比較した場合、昇る太陽の土地の言語を習得するために通過しなければならない段階の難しさのためです。 英語や北京語など他の外国語の学習と比較すると、日本語を学ぶことは実際にははるかに困難です ほとんどのインドネシア人でさえ、イスラム教を固守しているため、アラビア語を学ぶことを好みます。インドネシア人のほぼ85%がアラビア語を学んでいると言えます さらに、ジャカルタに住む住民が楽しめるように、ジャカルタのジャカルタにのみ、常に文化的知識と日本語を共有し、日本の文化的イベントを常に行うという、地方自治体と日本財団からの支援がない。 日本企業が多く、シンガポールの近くにあるバタム市には、日本政府、特に日本財団が実施する文化的および言語的知識の交換に関するイベントや支援はありません。これは、政府や日本企業からも常に支持されているシンガポールとは大きく異なります。 シンガポール人の大半は、日本を本当に嫌い、さらには日本を欺く中国系の人々です。 しかし、インドネシアと日本との協力のために、非常に近いバタム市が知識と文化交流の提供で考慮されないのはなぜですか? 実際、バタムと横浜の都市は姉妹兄弟の都市であり、これまでバタム市での日本とインドネシアの協力の結果はバタムのインドネシア人には感じられませんでした。 バタムに日本の工場と企業が存在することは、広島と長崎の都市がアメリカの爆弾爆発によって破壊された後、日本に米を与えたインドネシア戦争時代のインドネシア人の親切を返済することができませんでした。 これまでインドネシアに植民地化されてきたインドネシアに対する日本の戦争債務は、補償がなかった。補償できるのは韓国人と中国人だけです。 どうして日本はそんな感じなの?