インドネシア北部スマトラ

バタム島に豚肉のレストランがある?バタク料理はお勧めです

インドネシアにある豚肉のレストランがありますか? しかしインドネシア人は八十パーセントぐらいイスラム教ですが豚肉のレストランもあります 特に北のスマトラ島にあります、だからバタム島もある。それは何ですか?それはバタク料理だと思います。 バタク料理は、オーストロネシア人のオリジナルの料理の伝統の多くです。例えば、彼女の血と一緒に豚肉を調理することは、ディヌグアンと呼ばれるフィリピン料理の伝統にも見られる。一方、イスラームという宗教に入る群島の多くの部族なので、豚肉、犬、血液を使うなど、料理の芸術はハラールではなく、放棄されて消失し、現在は国土などの非イスラム文化圏でしか生き残っていません。バタク。 バタク料理は、インドネシア北部スマトラ地方に生息するバタク人の芸術と伝統の影響を受ける料理の一種です。バタク料理は群島料理の一つです。バタク料理の特徴の一つは、アンダリマン(ザントキシラム・アカントポジウム)を主なスパイスとして使用する情熱です。だから、アンダリマンは時々「コショウバタク」と呼ばれています。 バタク人のほとんどは、周囲の部族(アチェ族やミヌンガバウ族など)とは違うので、ほとんどのバタク料理はハラールの規則によって制限されていません。豚肉、バタク料理の伝統で消費される血液。この地域の最高の食べ物の多くは豚肉から作られており、珍しい食材を使った食べ物も揃っていますが、ハラール料理もあります。 基準: BATAMAX 当初の公開14th January 2020 @ 8:43 am