インドネシア空軍、初の女性戦闘機パイロットを獲得

インドネシア空軍、初の女性戦闘機パイロットを獲得

25歳のとき、第2中尉のAjeng Tresna Dwi Wijayantiは、インドネシア軍(TNI)で最初の女性戦闘機パイロットとしてすでに歴史を終えています。 空軍参謀本部の空軍司令官、ユユスティスナ元帥は、97バッチのパイロット44名の1人としてアジェンを祝福し、2人の女性パイロットと2人のインドネシア軍の兵士を含む空軍飛行学校での訓練を完了しました。 2020年5月18日、東ジャカルタのチランカプにあるTNI本社のIgnatius Dewanto講堂で、第97ウィングデーの卒業式が行われました。 空軍士官学校の2018年の卒業生であるアジェンは、東ジャワのマディウンにあるイスワジュディ空軍基地に駐留している第3航空ウィング戦闘機の第15飛行隊でKAI T-50iゴールデンイーグルを操縦します。韓国航空宇宙産業(KAI)によって製造されたT-50iは、超音速の高度なトレーナーおよび軽攻撃機です。 空軍は、インドネシアの航空主権を擁護するために空軍に仕えると発表した。 「インストラクターは私に戦闘機[パイロット]になる動機を与えました、そしてそれは現実になりました」とAjengは言いました。 1995年9月25日にジャカルタで生まれたアジェンは、空軍大佐プレイトノの娘であり、子供の頃から戦闘機に魅了されてきました。 近代前のインドネシアの軍事史は、アチェスルタン国の海軍にマラハヤティと呼ばれる女性提督がいて、イノンバリーを設立したことを記録しています。 「[Ajeng]は、他の女性が戦闘機のパイロットになり、インドネシア空軍のガラスの天井を打ち破るインスピレーションになると期待されています」と空軍広報部長ムハンマドユリス大佐は、「インドネシアのマーベル艦長は生まれ”。 「今年のウィングデーセレモニーはCOVID-19健康プロトコルに準拠して行われ、卒業生はジョグジャカルタの空軍士官学校のAdisutjipto…