オーガンイリールの摂政 レポーターを招待し、コロナポジティブを発表する

オーガンイリールの摂政 レポーターを招待し、コロナポジティブを発表する

イガンズパンジアラムのオガンイリル地区長が意図的に招待したのは、皮肉なことに、コロナウイルスの検査で陽性であったことを発表する多くのジャーナリストでした。 バーガンのオーガンイリルで勤務した1人の記者は、そのときに確かに、オーガンイリルリージェント、イリアスパンジアラムが月曜日に積極的にコロナであると報告された場合に情報を受け取っていたことを認めた(7/27)。しかし、それはまだ問題と考えられています。 「その後、オーガンイリルの地方政府のアシスタントIによる記者会見に出席するように求められましたが、問題が何であるかはわかりませんでした。記者団は、15.00 WIBにある摂政官邸に来るように求められました」と水曜日(29/7) その時彼は言った、そしておよそ10人のジャーナリストがその場所に存在していた、そして印刷と電子メディアの両方。その時、出席していた摂政は、コロナウイルスに積極的にさらされたとすぐに言ったことがわかりました。 「私たちは確かに驚いたが、私たちはすでにその場所にいるので何ができるか」と彼は言った。 ただ、その時彼らは健康プロトコルを実施したと祝福は言いました。マスクを着用し、お互いに距離を置くように。それだけでなく、摂政からの距離も約2メートルです。 「はい、私たちは今恐れていますが、私たちは安全だと信じています。火曜日(28/7)に大量綿棒テストにも参加しました」と彼は言った。 南スマトラのAJIの会長であるプラウィーマウラナは、AJIパレンバンは、積極的にコロナと宣言された彼自身についてオープンだったオーガンイリルリージェントが行ったことを高く評価しました。これは確かに公務員としての正しい一歩です。 「しかし、直接会った記者会見が開かれたことを後悔している。ケースリリースは、対面することなく行う必要があります。たとえば、事実上「彼は言った。 同様に、Ardiansyah Nugrahaの南スマトラのインドネシアテレビジャーナリスト協会(IJTI)の議長は、Ogan Ilirの摂政が行った記者会見は非常に奇妙な行為であると考えました。 「それはただ奇妙なことだ。すでにオーガン・イリールの摂政がコロナが実際に会議を開いたことはポジティブであることを知っている」と彼は言った。 Ardiansyahによれば、Ilyasは他の施設を使用してコロナに感染していることについての情報を提供し、感染を最小限に抑えるべきでした。…