カタツムリの探求者たちは携帯電話を持参して子どもの乳を買わざるを得なくなった

カタツムリの探求者たちは携帯電話を持参して子どもの乳を買わざるを得なくなった

カタツムリを探すクリボンダ・イマワン(別名バリボン)が、赤ちゃんのために牛乳を買うために携帯電話を盗みました。赤ちゃんは生後5か月です。 彼はOppo Reno 10 Xブランドの携帯電話を盗み、80万ルピアで販売されました。バリボンは、ブリタールシティのケパンジェンロアのジャランアルジュノにある自宅で逮捕されました。 「私の末っ子は牛乳が不足しています。彼はまだ5ヶ月です」と木曜日(2020年4月30日)に自宅で逮捕されたばかりのバリボンは言った。 盗難行為は、彼の妻が乳児で困惑したときに行われた。彼は売るカタツムリを見つけようとした。 彼は売りに出されている家の後ろにカタツムリを見つけようとした。改修中のアグスSが所有する水田の家に到着するまで、1メートルずつ経過しました。 バリボンは家に入り、それを取り囲みます。当時の家の状態は静かでした。当然のことながら、午前1時30分に被害者は寝ていました。バリボンがアグスのスマートフォンが充電されているのを見た後、彼の悪意が生じた。 携帯電話が取られた後、彼はバケツにカタツムリを入れて急いで家に帰った。午前4時ごろ起きていたアグスは、携帯がなくなって驚いた。太陽が現れた後、アグスは警察に通報した。 AKPアルディプルボヨブリタールシティカサトレスクリムは、バリボンは同じ事件の再犯者であると説明しました。少なくとも彼は繰り返し刑務所に送られている。彼は10代のころから盗み始めました。 「最後の加害者は2018年に刑務所に行きました。彼は同化ではなく、再犯者です」とアーディは説明しました