カンボジアは、すべてのコロナ患者が回復し、1か月間新しい症例はないと述べた

カンボジアは、すべてのコロナ患者が回復し、1か月間新しい症例はないと述べた

カンボジアの新しいコロナウイルスによる最後の患者は回復し、退院し、東南アジアの国には症例が0人となったと保健省は土曜日、警戒を継続するよう求めた。 保健省の声明には、ウイルスに関連する規制の緩和(学校の閉鎖、国境検問、検疫など)は含まれていませんでした。 カンボジアでは、COVID-19を引き起こし、中国で発生して全世界に広がり始めて1月以来450万人以上が感染し、約30万人が死亡して以来、COVID-19を引き起こし、死者を出さないウイルスが122例報告されています。 カンボジア北西部のバンテアイメーンチェイに住む36歳の女性が、首都プノンペンのクメールソビエト友好病院から解放され、土曜日にライブストリームでマスコミに紹介され、保健当局に感謝しました。 カンボジアで最後に報告された新しいケースは4月12日だった。文部科学省によると、1月以来合計14,684回の検査が行われた。 マン・ブンヘン保健相は、人々に警戒を怠らず、大きなグループに集まらないなどの予防策を講じるよう促しました。 マム・ブンヘン氏は記者団に対し、「通常、ほとんどのケースは輸入されていると考えられるため、国境、空港、港、陸上検問所のすべての検問所に注意する必要がある」と述べた。 「海外から旅行する人は、COVID-19がないことを確認する証明書を持っている必要があります。そうしないと入国できません。入国すると、さらに14日間隔離されます」