クリスマス島は民族と距離はインドネシア

クリスマス島は民族と距離はインドネシアっぽいなせオーストラリアりの物になった

このクリスマスまたはクリスマス島は、その距離のため、オーストラリア(約2600 km)よりもインドネシア(ジャカルタから約500 km)に近いです。 過去には、多くのマレー人(ブギスとマカサレーゼを含む)が立ち寄り、そこに定住さえしました。 クリスマス島の人々はインドネシア系であると言えますので、この島にふさわしいのはインドネシアであるべきです。 では、実際にオーストラリアがこの島を所有したのはなぜですか? 当初、島はイギリスの船乗りによって発見され、後にイギリス王室に属していると主張しました。 時間が経つにつれて、この島の所有権は、英国、オランダ、日本の間で交互になりました。 第二次世界大戦が終わるまで、日本はイギリスの所有権を放棄しました。 そして、英国はそれをオーストラリアに継承しました。 これが、クリスマス島がインドネシアではなくオーストラリアに属する理由です。 当初の公開3rd March 2020 @…