コピコはなんですか、インドネシア人がよくしてる物

コピコはなんですか、インドネシア人がよくしてる物

コピコは、インドネシアのマヨラインダーによってインドネシアで生産されたコーヒーブランドのインドネシアブランドです。 ハワイで発見されたkōpikoコーヒー豆にちなんで名付けられました。 コピコ 飴は現在、世界80か国以上で利用できます。 それはもはや生産されていませんが、ロンドンのコーシャ連盟によって監督され、コーシャであった広く利用可能な第2の種類のキャンディーがかつてありました。コーシャコピコキャンディーは、イスラエルでもまだ見つかります。 コピコキャンディは、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士にも使用されています 製品には、本物のコーヒー豆からの抽出物が含まれています。成分には、砂糖、ブドウ糖、植物油(パーム油および/またはココナッツ油)、コーヒー抽出物(4.9%)、バター、大豆レシチン、カラメル色、塩、および自然なコーヒー風味が含まれます オリジナルのコーヒーとカプチーノの2種類のフレーバーが利用可能です コピコUKのウェブサイトでは、元のコーヒーのフレーバーは「4〜5種類のスイーツにはエスプレッソ1杯に相当するカフェインが含まれている」が、カプチーノのスイーツには元のコーヒーフレーバーの「カフェインの約半分」が含まれている。 Caffeine InformerのWebサイトでは、元のコーヒーのフレーバーのカフェイン含有量は「通常20〜25 mg /枚」と推定されています。これは通常、1杯のコーヒーは100 mgのカフェインを指しているためです このコーヒー工場には中国人がいるのは残念です…