コロナウイルスで亡くなった女性、ジャカルタから帰国

コロナウイルスで亡くなった女性、ジャカルタから帰国

インジャマイユリージェンシーの居住者であるジャワ島北部で働いていた西ジャワ州が死亡したと報告されました。後に、患者がコビッド-19と確認されたことが判明しました。 患者は36歳の女性であることが判明した。この症例は、インドラマユ県のCovid-19の17番目の陽性症例となった。 Covid-19の確定患者ステータスの確実性は、綿棒検査の結果に基づいています。 デデンボニコスワラ、インドラマユ地区のCovid-19処理加速タスクフォースのスポークスパーソンは、患者が北ジャカルタのコジャ地区の居住者として登録されていることを明らかにしました。 「関係者は、長い間民間労働者としてジャカルタに移住して定住してきたインドラマユリージェンシーの居住者です」とインドラマユリージェンシーヘルスオフィスの責任者でもあるデデンは述べました。 2020年5月16日、彼は続けて、患者はジャカルタの病気から戻り、発熱、咳、息切れの症状を示しました。 患者はジャカルタから2日間到着した後、2020年5月18日にバヤンカラ病院に来ました。Obsdyspneu ecと診断され、監視下(PDP)の患者として入院することに決めました。肺炎dd covid-19。 「しかし、2020年5月19日の朝、患者は死亡したと宣言された」と彼は言った。 その後、遺体はCovid-19プロトコルに従って実施され、患者はインドラマユの自宅に埋葬されました。 2020年5月29日、患者の綿棒検査の結果がCovid-19によって公開および確認されました。 デデン氏は、患者と密接に接触した人々の追跡が行われたと述べた。 自宅での個別検疫について教育を受けています。スワブチェックが進行中です。 この事件により、インドラマユ地区のCovid-19によって確認された患者数は17人に増加しました。その数のうち、4人が死亡した。…