コロナウイルスのバタム島に売り場で野菜値段が立ち上げる

コロナウイルスのバタム島に売り場で野菜値段が立ち上げる

野菜の価格は、コロナウイルスやCovid-19の流行の中で急騰しています。値上げは以前より100%に達しました。 この値上げは、一般の人々やトレーダーからも深刻な苦情となっています。ますます懸念されるCovid-19の発生の真っ只中に、野菜の価格の上昇は非常に厄介です。 「家庭の子供たちはまだ野菜を食べなければならないので、必然的に買い続けます。解決策は、1つのパックを購入することだけです。 「他のニーズも必要とされているので、現在の通常の1キロ購入は半分または4分の1キロ減らす必要があります」と彼は再び付け加えました。 ウェット市場ボタニアの野菜トレーダーは、この増加はトレーダーとしての彼にも影響を与えたと述べました。 人々の支出の一部が削減されたため、売上高は劇的に減少しました。 Covid-19が流行して以来、バイヤーの数も劇的に減少しています。 「それはまた影響を与えます。売上高は劇的に減少しました。収益が大幅に減少します。 「私たちが今やっていることを生き残るためだ」と彼は言った。 現在監視されている野菜の価格は次のとおりです。ホウレンソウは2千ルピア、ホウレンソウは15千ルピア、マスタードは25千ルピアに達します。この価格は2倍になりました。 「野菜に加えて、エシャロットも1キロあたり25,000ルピアから35,000ルピアに上昇しました」とHerdiansyahは言いました