コロナウイルス:中央ジャカルタの神学校は「レッドゾーン」を指定

コロナウイルス:中央ジャカルタの神学校は「レッドゾーン」を指定  

中央ジャカルタのタナアバンにあるベテルインドネシア神学学校は、その周辺でのコロナウイルス症例の報告が増加しているため、「レッドゾーン」に指定されています。 「当初、コロナウイルスを契約したのは3人でした。そのうちの一人が亡くなりました。 [件数]はその後も上昇を続けた」と、アンタラ通信社が引用した、ペタンブラン地区のコミュニティ長であるHerlani氏は、金曜日に述べた。 周辺地域の症例数が増加し続けるにつれ、ジャカルタ政府は医療従事者を配置して、確認された36人の患者をその地域から木曜日に集中治療のためにケマヨランアスリートビレッジの当面のコロナウイルス病院に移送しました。 「保健当局は学校の寮からより多くの生徒を迎えるために戻ってきました」とHerlaniは言いました。 公共の安全を確保するために、ジャカルタ保健局とインドネシア赤十字(PMI)が学校の寮を消毒しました。地元の警察が施設を確保しました。 共同防衛地域司令部(コガウィルハン)私は司令官後部陸軍提督、マルゴノユドが学校の36人の生徒にコロナウイルスが発見されたことを確認しました。 今月初め、西ジャワのバンドンにあるレンバンベテルチャーチオブインドネシア(GBI)での宗教セミナーに出席した何百人もの人々に対して迅速なテストが行​​われた後、127人が陽性となりました。 3月2日から6日まで約2,000人がイベントに参加しました。 3月21日、セミナーに出席した牧師がコロナウイルスの検査で陽性で死亡した。彼の妻もこの病気にかかり、約1週間後に亡くなりました。 ジャカルタの感染した学生がバンドンでのセミナーに出席したかどうかは現在不明です。