コロナウイルス患者の治療場所として、日本人が普段利用しているバタム島のホテルが利用されています

コロナウイルス患者の治療場所として、日本人が普段利用しているバタム島のホテルが利用されています

バタム島にある2つのホテルは、リアウ諸島のバタム市にあるコロナ患者の避難所または隔離施設として機能します。その中には、セントーサホテルとバタムのルブクバハ地区にあるアパートがあります。 「私たちはまた、隔離の開始についても話し合った」と、月曜日(2020年9月28日)にバタム市保健サービスの責任者であるディディ・クスマジャディは述べた。 バタムシティコビッド-19ハンドリングアクセラレーションタスクフォースチームの責任者は、コロナ患者の増加を考慮して、これらのホテルとアパートメントを利用することを計画しました。 ディディ氏によると、準備されたホテルには、セントーサホテルとバタムのアパートが含まれているという。ディディは、ホテルでの隔離は非常に重要な人物(VIP)であると述べました。 「まだ2つの場所があり、いくつかのホテルが提供されているが、彼らは喜んでいない」と彼は言った。 ホテルへの患者の配置は、強制されるのではなく、患者自身の意欲に基づいていると彼は説明した。ホテルでの自己分離の費用のため、患者が負担します。 ホテルでの自己分離のコストについて、ディディ氏は、1日あたり約Rp。700-800であると述べました。ディディ氏によると、設備面での優位性から、コストは確かに非常に高いという。 「それで、ガラン感染特別病院で治療を受けたくない駐在員や上級クラスのためかもしれない」と彼は言った。 ホテルで独立して隔離される人々のために、ディディは、不安定な患者がいる場合に警戒を怠らないためにそこに配置される数人の医療従事者(ネイクス)がいるだろうと付け加えた。 「計画はガラン病院の医療従事者向けであり、RSKIガランの所長とすでに話し合っている」と彼は述べた。 一方、ホテルに行きたくないCovid-19の患者は、BPバタムまたはバタム市政府が所有するフラットに収容されます。そして、フラットに隔離されている患者はまだ無料です。 「無料でフラットを用意します」と彼は言った。 ディディは、バタムにあるCovid-19紹介病院の収容能力がいっぱいである一方で、陽性と確認された患者の数が増え続けているため、いくつかの選択肢が取られたことを強調しました。 「これは病院が満員だからです」と彼は言った。  …