コロナウイルス:シンガポール市民699人、インドから避難した住民

コロナウイルス:シンガポール市民699人、インドから避難した住民

パンデミックコロナウイルスの中で、合計699人のシンガポール市民と外務省(MFA)に登録されている居住者がインドからシンガポールに無事帰還しました。 土曜日(4月11日)のプレスリリースで、MFAはシンガポールの市民と住民が金曜日と土曜日に帰国したと述べました。 「インド全土の国家封鎖のため、チャーター便が運航されているニューデリー、ムンバイ、チェンナイの空港に到達するには、その多くが周辺の州から旅行しなければなりません。同声明は、「ニューデリーのシンガポール高等弁務官事務所、ムンバイのシンガポール総領事館、チェンナイのシンガポール総領事館は、インドの避難活動と地上活動を調整した」と述べた。 それは、シンガポールの住民の安全な帰還を促進するためのインド政府への感謝の意を表した。