コロナ事件のため、59か国がインドネシア国民です。 日本を含む

コロナ事件のため、59か国がインドネシア国民です,日本を含む

少なくとも59か国がインドネシア国民の自国への立ち入りを禁止しています。これは、国内でのCovid-19の陽性症例数が多いことに関連しています。 2020年9月7日月曜日の時点で、インドネシアでのコロナウイルスの症例数は196,989人に達し、回復した患者の総数は140,652人であり、8,130人の患者が死亡したと報告された。 インドネシアからその国への訪問を制限する1つの国はマレーシアです。禁止はマレーシア国防相イスマイルサブリヤコブによって9月1日火曜日に発表され、9月7日月曜日に発効しました。 マレーシアはインドネシア国民の訪問とは別に、フィリピンとインドからの訪問を制限しています。地方政府は、3か国でコロナの陽性例が急激に増加したと考えています。 Tempo Magazineの2020年9月5日版から引用されたように、外務大臣Retno Marsudiは禁止は地方政府の権利であると考えています。 Retnoは、政府も同様の政策を実施した、すなわちCovid-19の伝染を防ぐために外国人の一般的な立ち入りを制限したと述べた。同氏はまた、2020年9月4日金曜日のテンポとの特別インタビューで、「私たちはまた、インドネシア国民に緊急の必要性を除いて海外旅行をしないよう要請する」と語った。 インドネシアからの訪問を制限する他の国には、ハンガリー、アラブ首長国連邦、南アフリカなどがあります。ハンガリーのインドネシア大使アブドゥラッハマンフディオノディマスワハブは、移民が2回のPCRテストを受けることを条件に、昨年8月に禁止が緩和されたと述べた。しかし、9月から禁止が再び強化された。 政府当局者2名は、59か国からの立ち入り禁止があったため、インドネシア政府は他の国々に規制を緩和するよう働きかけを試みてきたと述べました。したがって、インドネシア国民は再入国できます。しかし、2人の役人は言った、多くの国はまだ拒否したか、確実性を提供しなかった。国内ではコロナの症例数が多いためだけでなく、インドネシア政府が集団発生を克服する能力を検討している国もあります。 Retno Marsudiさんは、インドネシア国民の立ち入り禁止を緩和するために他の国とのコミュニケーションがあることを認めました。しかし、彼は、緩和は一般にインドネシアの市民に開かれたものではなく、国家戦略プロジェクトへの出張と緊急の政府サービス旅行のためであると述べました。 「要点は、経済は健康問題を犠牲にすることなく実行できるということです。」   source;…