コロナ時代にインドネシアのボゴールの水道代の住民が数百万ルピアに膨らんだ

コロナ時代にインドネシアのボゴールの水道代の住民が数百万ルピアに膨らんだ

月曜日(2020年7月20日)にボゴールシティにあるティルタパクアンリージョナルウォーターカンパニー(PDAM)のオフィスに数百人の顧客が訪れます。彼らの到着は、前月の支払いから劇的に跳ね上がった水道料金の価値を疑問視するために到着しました。水の使用は正常であり、過剰ではありません。 バンタルジャティの住民であるスサンティは、前月に43万ルピアの水道料金を支払っただけの場合、今月は110万ルピアの水道料金を支払わなければならなかったことを認めた。 「43万ルピアも最も高価で、実際、通常30万ルピアしか支払われない」とスサンティ氏はティルタ・パクアンPDAMボゴール市役所で会った。 同じことが他の居住者にも感じられ、雇用主の最大使用量が30万ルピアの範囲であれば、現在は100万ルピアを超えているとKartonoは語った。 「法案は膨らみましたが、Covid-19の使用量はごくわずかでしたが、キャップもたくさんありました。リークがないか確認されました」と彼は言った。 ランカマヤの居住者も同様の運命を経験しましたが、水道料金が大幅に跳ね上がったことがわかったとき、彼は非常に驚きました。通常のわずか9万ルピアから、彼は300万ルピアの手形を支払わなければならなかった。 「私の家は何もないため、毎月私は通常、9万ルピアの購読料のみを支払います」と母親は言いました。 しかし、水道料金の値上げが不自然なのに、降伏して支払うことを選択する顧客もいる。 「彼はまだ私に支払うように私に言ったと言いました、しかし分割払いで支払うことは可能でした。役員とのチャットがあり、水道料金が上がる可能性がいくつかありました。それらの1つは漏れでした。実際に、漏れは同時に起こり得ました」と別の居住者アグスは言った。 Liputan6.comは、月曜日の朝から正午までの観測結果を示しており、水道料金の支払いの最終日が6月になると、何百人もの顧客がPDAMオフィスに到着し続けます。彼らは質問に来て、水道料金の膨らみに関する説明を求めました。 次に、ポストのリストに記入して、翌日の会議スケジュールを取得するように指示されます。 彼らの顔の表情は混乱しているように見えました。なぜなら、彼らの経済がCovid-19のパンデミックによって荒廃している最中に、今、住民は複数の水道料金を払わなければならないという重荷を負っています。 一方、顧客の列は入り口から支払いウィンドウ、駐車場まで続いているようです。水道料金の値上げに関連するサービスに、前日からご登録いただいたお客様です。 PDAM Tirta…