サマリンダの洪水被害者はソーシャルメディアに助けを求める

サマリンダの洪水被害者はソーシャルメディアに助けを求める

東カリマンタンのサマリンダに住む洪水の影響を受けた多くの住民は、災害発生から4日以内にそれぞれの地域に救急隊が到着しなかったときに、ソーシャルメディアで支援を求めることにしました。 たとえば、スルタンデーンシラのFacebookアカウントは、サマリンダ災害軽減局(BPBDサマリンダ)の職員に、Jlに閉じ込められた120センチメートルの深さの洪水から家族を救助するよう求めました。市内のペムダ。家族には幼児が含まれていたとスルタン氏は付け加えた。 ユリスという名前の居住者に属する別のFacebookアカウントは、いくつかの乳幼児や高齢者がJlに閉じ込められたと述べました。 S.パーマンと彼らは、食料と医薬品を切実に必要としていました。 BPBDサマリンダの最高幹部であるイルファンは、報告書をフォローアップすることを誓った。 「後で確認するつもりだ。避難プロセスを手伝ってくれるボランティアがたくさんいる」と彼は月曜日にkompas.comが引用しているように言った。 週末にサマリンダを襲った大雨により、東カリマンタンの首都の多くの地域が浸水した。市内の4つの地区に分散している約32,000人が災害の影響を受けました。そのうち600人が避難した。 当局は、市内の21の老人ホームのうち16が浸水していることを明らかにした。少なくとも60人の高齢者は、ルマパンガン(高床式の家)の形で他の養護施設に避難しなければなりませんでした。 「水が上昇し続ける場合、私たちは十分な余地があるJl。DIパンジャイタンの老人ホームにすべての高齢者を避難させます。